日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

呪いの笛
ノロイノフエ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年08月03日 
製作会社
歌舞伎座 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
84分  

「二等兵物語」の安田重夫と「大岡政談 謎の逢びき」の本山大生の共同脚本を、「清水の佐太郎」のコンビ酒井辰雄が監督、倉持友一が撮影した怪奇映画。新派の喜多村緑郎が映初部出演するほか、大矢市次郎・伊志井寛が賛助出演、ほかに名和宏・高峰三枝子・山鳩くるみなど。

スタッフ

製作
箕浦甚吾
脚本
安田重夫本山大生
監督
酒井辰雄
撮影
倉持友一
音楽
鈴木静一
美術
水谷浩
照明
一瀬与一郎
録音
竹川昌一
編集
宮田味津三
和楽担当
野沢松之輔

ストーリー

鬼のような高利貸・按摩房市は貸した金を強引にとりたてようとし、旗本山上十兵衛に斬り殺された。その怨念のタタリか、十兵衛は愛妻茂乃を斬り、自分は井戸へ落ちて死んだ。それから十五年。踊りの師匠・お志奈は妹のお文が慕っている両替商山形屋の番頭・長五郎が、自分たち姉妹と同様両親を不慮の死で失い、弟と二人きりで暮していることを聞き、驚いた。余りにも似た身の上である。そのとき、笛の音が聞こえ、彼女らは父の斬り殺した盲人の断末魔の有様を想い浮べ、不安と恐怖におののいた。お志奈は大国屋惣右衛門と舟遊びの折、彼にいどまれたが、船頭長吉に救われた。長五郎は若主人源之助の命でお文を彼に取り待とうとする。が、お文から思慕を打ち明けられ彼女を抱いた。そのとき、呪いの笛が……。怯えてとりすがったお文を、長五郎は思わず突き放す。お文は土蔵の二階からそのまま落ち、血だらけで死んだ。長吉は大国屋の手先に傷つけられたところを、お志奈に救われた。彼はお志奈の行水を見、激情にかられる。彼女がこばんだとき、例の笛の音がまた……。お志奈は逆に彼にすがりついた。二人は笛の音で結ばれたのだ。長吉がお文を殺した長五郎の弟と知っても、お志奈は離さなかった。弟子のお京が強引に長吉と関係を結んだ。お志奈は彼女を殺す。長五郎兄弟は房市の子供であり、お志奈姉妹は十兵衛の子供であることを、お互いが知り因縁のおそろしさにふるえた。長吉とお志奈は追手を逃れて、長吉の叔父の船宿へ向ったとき、長五郎も十手に追われてその船宿めざしていた。長五郎は自首しようとするお志奈をとめ、自から捕手にむかった。お志奈らは船で逃れたが、笛の音が聞こえると、我が手で喉を切って水中へ落ちた。その波紋の中から長五郎の顔が浮び、長吉の幸せを祈ると、深傷に息絶えた。長吉の舟は大川の流れのままに漂った。岸辺を一人の盲人按摩のトボトボと歩く姿が見えた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。