日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

柳生旅ごよみ 女難一刀流
ヤギュウタビゴヨミジョナンイットウリュウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年10月08日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
The Swordsman's Trouble through Women  
上映時間
88分  

「隠密七生記(1958)」の結束信二と松村昌治の脚本を、「快傑黒頭巾(1958)」の松村昌治が監督した明朗時代劇で、撮影も同じく「快傑黒頭巾(1958)」の吉田貞次。「快傑黒頭巾(1958)」の大友柳太朗、「不知火小憎評判記 鳴門飛脚」の雪代敬子に、丘さとみ・大川恵子・楠トシエ・里見浩太郎・尾上鯉之助らが出演。

スタッフ

企画
坂巻辰男
脚本
結束信二松村昌治
監督
松村昌治
撮影
吉田貞次
音楽
小沢秀夫
美術
桂長四郎
照明
岡田耕二
録音
中山茂二
編集
宮本信太郎

ストーリー

将軍家御指南役・柳生但馬の嫡男、十兵衛三厳は懐中無一文で武芸旅としゃれこんだが、そのとたん十兵衛の名をかたらう八木重平・柳井武兵衛の二人の武者修業者に出喰わした。十兵衛は名を伏せて旅をつづけたが飲み食いしても払う金がない。しかし、とある旅篭の前を松平伊豆守の行列が通ったのを幸い、これに声をかけて二百両をせしめドンチャン騒ぎ。果ては田舎芸者に追いかけられ、隣の旅篭へ逃れたが、ここで偽十兵衛・八木重平と再会、旅をともにすることにした。偽十兵衛は道場破り専門で、裕福な道中をつづけた。天狗に人身御供を命ぜられたという村娘を助けて、天狗の正体である山賊・雲霧を斬ったり気ままな旅。ところが、ある日武士に追われる旅装束の若衆・美乃を助けたのがきっかけで、十兵衛は羽島城に乗込むことになった。城主・羽島弾正は明晩にひかえた豊年祭に領内の処女二十人を城中に留め、慰みものにする計画で、これを諌めた美乃の父・生田勘解由は閉門になったというのである。豊年祭の夜、城中に現れた十兵衛に、びっくりしたのは、弾正を操る家老の水野刑部。その場は刑部のとりなしで一時収まったが、翌日、美乃は斬られ、十兵衛は卑怯な刑部の短銃で谷に姿を消した。しかし十兵衛は平作・おまちの兄妹に助けられた。十兵衛は兄妹から、刑部が側室お妙の方と通じ、二人の間にもうけた亀丸を跡目相続させようとしている悪行と兄妹の父が刑部に斬られたことを聞いた。十兵衛は再び城中に乗込み、遂に刑部を斬った。平和な羽鳥城を後に、十兵衛は、また気ままな旅へと出て行った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。