日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

夜霧の南京街
ヨギリノナンキンマチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年11月05日 
製作会社
東映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
China Town in the Night Mist  
上映時間
60分  

横浜を舞台にしたアクション・ドラマで、「波止場がらす」の森田新の脚本を、新人・若林栄二郎が監督したもの。撮影は「警視庁物語 魔の伝言板」の佐藤三郎。「地獄の午前二時」の中村賀津雄・佐久間良子に、大村文武・故里やよい・三浦光子・フランク永井・加藤嘉らが出演。

スタッフ

企画
小笠原久夫米川仁朗
脚本
森田新窪田篤人
監督
若林栄二郎
撮影
佐藤三郎
音楽
吉田正
美術
進藤誠吾
照明
森沢淑明
録音
大谷政信
編集
長沢嘉樹

ストーリー

十三年ぶりで日本へ帰って来た母を見ても、信吉は、憤りと不潔感しか覚えなかった。彼女は、外国人の金玉成とともに日本を去っていたのだ。母のいない淋しさを、姉・美奈子の愛情でまぎらわせてきた信吉は、いつか歪んだ性格に育っていた。生活は無軌道だった。そういう彼にとって、貸ボート屋の娘・幸子の存在だけは貴重だった。幸子の兄・修一は税関に勤めていたが、密輸業者である信吉の父・信三の手下だった。キャバレー「白蘭」。そこに居並ぶのは、金玉成夫婦と信三、美奈子だ。その四人の様子を、信吉が見つめていた。密輸の取引である。その父の態度を目のあたりに見て、信吉の若い怒りは爆発した。が、手もなく金玉成の輩下に連れ出された。--ふたたび、信吉は「白蘭」の地下に向った。そこは一味のアジトであり、修一が裏切者として私刑されていた。信吉は金玉成に対した。その時、信吉めがけて短剣が投げられた。危うく身をかわした信吉の肩をくぐって、短剣は信吉の母である金夫人の胸もとに刺さった。金玉成の妻となっても、信吉の母であることを忘れなかった女は、息絶えた。その頃、幸子の知らせによって警官隊が出動した。金玉成も、信三も、一味の者たちは次々に捕縛された。信吉の言葉に、信三も父としての気持を取り戻した。曳かれていく信三の姿を、信吉と幸子が見送っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。