日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

新家庭問答
シンカテイモンドウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年11月03日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Through the Rear Window  
上映時間
95分  

中野実の戯曲「第二の家庭」(新派上演)を、「みみずく説法」の共同脚本執筆者の一人・斎藤良輔が脚色し、「花嫁の抵抗」の番匠義彰が監督した風俗喜劇。撮影は「顔役(1958)」の生方敏夫。主演は「母の旅路」の佐野周二、「日蓮と蒙古大襲来」の淡島千景、「大東京誕生 大江戸の鐘」の高千穂ひづる、「彼奴は誰だッ」の大木美などに、「有楽町0番地」の九条映子・山鳩くるみ・岸輝子、「みみずく説法」の山茶花究などが助演。

スタッフ

製作
桑田良太郎
原作
中野実
脚色
斎藤良輔
監督
番匠義彰
撮影
生方敏夫
音楽
牧野由多可
美術
逆井清一郎
照明
磯野春雄
録音
平松時夫
編集
大沢しづ

ストーリー

世は才女時代?池永賀寿子は新進の流行作家で、新聞の身上相談、テレビと大活躍している。夫の精一は病院の外科主任の医学博士だ。結婚して七年経つが子はない。精一の妹・大学生敏子と姿やのあさが同居している。敏子を好きな二人組の大学生、島田・安達が、最近、望遠鏡を買った。星は見ずに、近所の窓をのぞくのである。敏子は憤慨したが、ちょっと借りてのぞいたとき、思わぬ光景が写っていた。温厚・トク実のはずの精一が若い女性の部屋で、エプロン姿でビフテキを焼いたり、背中をかいてやったりしているのだ。彼の病院の友人・二見もいた。どうりで、この頃、手術だ、同窓会だといって遅くなる。ジキル博士とハイド氏である。島田らの調査によれば、その女性は吉岡ルリといい、雑誌「近代女性」の記者である。池永の病院の看護婦養成所にいたことがある。週二、三回、精一が現れ始めて半年も経つという。敏子は口止め料と精一から小遣いをねだるが、ある日、ルリが社用で来たにしろ平気な顔で賀寿子を訪ねるに及んでは黙っていられなかった。賀寿子は望遠鏡をのぞかされてガク然とした。彼女は決心し、仲人の叔父・宮原夫妻や、二見、ルリを呼びよせる。ルリに夫の譲渡証を書き、離婚を宣言し、当分、叔父の家に世話になることにした。精一は止めようとしたが、無力なのである。奔放なルリにちょっとひかれただけなのに。ルリは賀寿子の出て行ったあとに、引越してきた。敏子は恋人の進と協力して、元の平和な家庭に戻そうとする。まず、彼女も家出し、賀寿子が戻らぬかぎり、帰らぬと精一を困らせ、進は賀寿子にヨロメくと見せかけた。ルリの友人、看護婦のマスミはルリが昔の恋人・大島に裏切られて以来、人柄が変ったのを知っていた。大島は結婚に失敗し、東京でトラックの運転手をしていた。偶然のことでそれを知ったマスミは二人を会わせてやる。ルリは自分がまだ彼を愛しているのを悟る。--精一はルリと別れようと決心した。両方の意見が一致したのだ。二人は笑って別れた。賀寿子は叔父の妻から説得され、また、敏子と進のケンメイなお芝居で、家へ帰ることにした。彼女は精一と乾杯した。チェリオ・ルリは大島と結ばれ、敏子は進と相変らず仲がいい。女ってのは、みんな好きな奴のところへ帰るんだなと、島田君はつぶやいた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。