日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

帰って来た縁談
カエッテキタエンダン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年11月30日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
74分  

阿木翁助の『河内だんじり話』の映画化で、松竹新喜劇で上演されたこともある下町喜劇。脚色・監督は「自殺を売った男」の堀内真直。撮影も同じく「自殺を売った男」の小原治夫。「泣き笑い日本晴れ」の伴淳三郎、「サザエさんの婚約旅行」の花菱アチャコをはじめ、田浦正巳・山田百合子・宮城千賀子などが出演。

スタッフ

製作
深沢猛
原作
阿木翁助
脚色
堀内真直
監督
堀内真直
撮影
小原治夫
音楽
木下忠司
美術
荻原重夫
照明
高下享三
録音
堀義臣
編集
浜村義康
劇化
館直志

ストーリー

豆腐屋の千次郎はやもめ暮しだ。一人息子の千吉に嫁を貰うことを楽しみにしている。千吉と、同じ町内のみち子の二人が公園で楽しげに語り合っているのを隣の八百常が見つけた。早速常さんは、千次郎に二人の話をし、この縁談はまかせとけと胸を叩いた。ところが、千次郎はみち子の母が、良子だと知ると急に反対した。良子は未亡人だが、町内一の金持。近くオートメーションによる豆腐工場を建てようとしていた。これが気にくわない。が何よりも、彼は良子との間に三十年前婚約まで成立しながら、理由不明のまま破談になったといういきさつがあったのだ。島崎邸に出かけた八百常に、良子の返事も、みち子を千吉の友人信夫にやる、ということだった。ヤケになった千吉はバーで酒をあおり、揚句にグレン隊と大喧嘩をし怪我をした。病院に駈けつけた信夫は、そこで千吉とみち子の愛し合っている姿を見、自分は身をひくことを決めた。ところで三十年前、千次郎は良子が裏切ったというが、良子の方では、千次郎が裏切ったと思っているのだ。これは、良子の父の策略であった。誤解したまま二人は別れたのである。さて八百常は、千吉とみち子の二人を料亭高砂にかくした。聞きつけた千次郎と、良子が高砂に現われた。二人が顔を合わせてみれば、誤解もおのずからとけたわけである。千吉・みち子、千次郎・良子の抱き合う姿に、八百常はアテられた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。