日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

白鷺
シラサギ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年11月29日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
The Snowy Heron  
上映時間
97分  

新派の舞台でお馴染の泉鏡花原作悲恋物語の映画化。衣笠貞之助と「赤線の灯は消えず」の相良準が脚色、「大阪の女」の衣笠貞之助が監督、「共犯者」の渡辺公夫が撮影した。「娘の冒険」の山本富士子・野添ひとみ、「おーい中村君」の川崎敬三、「母の旅路」の佐野周二らが出演。

スタッフ

製作
永田雅一
企画
中代富士男
原作
泉鏡花
脚色
衣笠貞之助相良準
監督
衣笠貞之助
撮影
渡辺公夫
音楽
斎藤一郎
美術
柴田篤二
照明
泉正蔵
録音
西井憲一

ストーリー

明治も末のある年のこと。浜町河岸の料亭辰巳屋には、差し押さえに立ち廻った債権者たちの声が無情にひびいていた。その最中、一人娘のお篠は、自分が幼い時から親しんできた伊達白鷹画伯の「春近し」と題する名品を待合・砂子にあずけに出た。こうして白鷹画伯の一幅だけは債権者の手から救われた。お篠は小篠と呼び名をそのままに芸者となった。面倒を見る砂子のお女将・おとりは、小篠にご執心の船成金・五坂熊次郎に小篠を取りもとうとの算段をしている。小篠も、嫌な奴とは思っても、大事なお客とあれば、三度に一度は勤めねばならない。だが、白鷹画伯の愛弟子・稲木順一の文展入選の祝いで座敷に呼ばれ、ともに「春近し」に見入ってから、お篠の心は急速に順一に傾いていった。順一が、苦しんだ酒の介抱のお礼といって持参した色紙には、清水にたたずまう一羽の白鷺が描かれてあった。「あなたの印象です」と順一は言った。彼の心にも、小篠が宿ったのである。この二人の様子に気づいた五坂は、おとりに矢の催促。おとりは、「ご前さんからはお前に大変なお金が出てるんだよ」と、小篠に引導を渡した。がっくりとうなだれた小篠は、消えいるように五坂の寝室へ歩き出した--。小篠を待つ順一の部屋の襖がスーツと開いた。顔青ざめた小篠が音もなく入って来て、隣の部屋へ--。が、そこには誰もいなかった。その頃、小篠は五坂の寝室で自分の喉をついていたのだ。小篠の死出の衣裳となった長襦袢には、かつて順一が心をこめて描いた白鷺の図柄が、色も鮮やかに染めぬかれていたという。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。