日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

BROTHER
ブラザー

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2001年01月27日 
製作会社
オフィス北野レコーデッド・ピクチャー・カンパニー 
配給会社
オフィス北野松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
114分  

ロスへ渡った日本の極道が、マフィア相手にのし上がっていく姿を描いたカルチャーギャップ・バイオレンス。監督・脚本は「菊次郎の夏」の北野武。撮影を「バトル・ロワイアル」の柳島克巳が担当している。主演は、「バトル・ロワイアル」のビートたけしと「スクリーム2」のオマー・エプス、「BEAT」の真木蔵人。日英合作。

スタッフ

脚本
北野武
編集
北野武
監督
北野武
音楽
久石譲
衣裳
山本耀司
プロデューサー
森昌行ジェレミー・トーマス
共同プロデューサー
吉田多喜男アン・カーリ
ラインプロデューサー
小宮慎二
アソシエイト・プロデューサー
ピーター・ワトソン
撮影
柳島克己
照明
高屋齋
美術
磯田典宏
録音
堀内戦治
編集
太田義則
助監督
清水浩
キャスティング
吉川威史ロビー・リード

ストーリー

抗争の果てに日本での居場所をなくしたヤクザ・山本は、留学したまま消息が絶えてしまった弟・ケンのいるロスへ向かった。ところが、やっと捜し当てた弟は、仲間のデニーらとジャンキー相手のドラッグ売人に成り下がっており、しかもドラッグ・トレードのトラブルに巻き込まれていた。そんな彼らを持ち前の度胸と無謀さで救う山本。そしてそれを機に、彼は自分の組を組織し、マフィア相手に実力でのし上がっていくのだった。やがて、日本から山本の腹心・加藤も駆けつけ、組織は拡大、絆を深めていく。デニーも、そんな山本たちの日本流のやり方が理解出来ないなりにも、彼のカリスマ的魅力に惹かれていった。だが、そんな日々も長くは続かなかった。やがて巨大なイタリアンマフィアとの抗争の末、壊滅に追い込まれてしまう。そして、たったひとり生き残ったデニーは、どうしようもないが愛すべき山本のことを思いながら、ひとりメキシコへ向けて車を走らせるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: ドルビー/THX

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。