日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

妻恋道中
ツマコイドウチュウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年11月30日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
The Gallant on Highway  
上映時間
86分  

高田浩吉主演の股旅映画。浪江浩の脚本を、新人第一回の的井邦雄が監督、「大東京誕生 大江戸の鐘」の石本秀雄が撮影した。浩吉のほか、「大盗小盗」の名和宏、「眼の壁」の鳳八千代、「水戸黄門漫遊記(1958 福田晴一)」の瑳峨三智子・北上弥太朗らが出演。

スタッフ

製作
吉村寛之
脚本
浪江浩
監督
的井邦雄
撮影
石本秀雄
音楽
木下忠司
美術
大角純一
照明
寺田重雄
録音
福安賢洋
編集
小林繁

ストーリー

親分の五郎蔵に代って兇状旅に出た吹雪の弥太郎は、四年ぶりに沓掛在へ帰って来た。が、許婚のお藤と会えたのも束の間、殺された久兵衛の娘・お喜代、一宿一飯の義理で助人を買って出た旅鴉の三次郎らに果し状をつけられた。弥太郎は潔く討たれようとしたが、五郎蔵が一カ月後の浅間名物高市がすみ次第仇は討たすとの約束に、お喜代もおれた。が、お藤を狙う悪代官・軍兵衛にそそのかされ弥太郎がいることは一家の破滅になると考えた五郎蔵の息子・源太郎の密告で、召捕りの役人が迫った。一旦は召し捕られた弥太郎は、縄目を切ってお喜代の家へ走った。軍兵衛を斬り、故郷の母と妹の行末を始末した上、必ず討たれることを約して故郷へ向った。だが一瞬遅く、源太郎一味に母は斬られ、妹はさらわれた後だった。弥太郎は源太郎一味の待つ甲武信嶽虚空峠へ向ったが、途中代官一派が待ち伏せていた。怒気満面、軍兵衛に一刀を浴びせようとする弥太郎に代ってへ三次郎が軍兵衛を斬った。弥太郎が代官を斬って行末を棒にふってはいけないとの三次郎の好意だった。弥太郎は駈け、源太郎を断崖に追いつめた。伜に代って討たれようという五郎蔵の一刀も叩き落した。が、彼は脇差を鞘に納めた。源太郎や五郎蔵を斬っても、死んだお袋が戻るわけでもないのだから。お喜代も父に科があった以上、仇を討つ気はないと諦めた。故郷へ帰って百姓仕事で暮らそうと弥太郎、お藤は山を下った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。