日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

浅間の暴れん坊
アサマノアバレンボウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年12月02日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Thunder Kid  
上映時間
83分  

錦之助が旅鴉に扮して主演する股旅もの。「若君千両傘」の共同執筆者・村松道平のオリジナルシナリオを、「小天狗霧太郎」の河野寿一が監督、「一心太助 天下の一大事」の坪井誠が撮影した。「一心太助 天下の一大事」の中村錦之助をはじめ、丘さとみ、大川恵子・薄田研二らが出演。

スタッフ

企画
辻野公晴小川貴也
脚本
村松道平
監督
河野寿一
撮影
坪井誠
音楽
高橋半
美術
桂長四郎
照明
和多田弘
録音
中山茂二
編集
宮本信太郎

ストーリー

悪名高い新町の重蔵をたたき斬った浅間の伊太郎は、草鞋をはいて旅に出た。道中、土地のゴロツキにからまれていた巡礼親娘を救った伊太郎は、上尾の佐兵衛親分のもとに草鞋をぬいだ。佐兵衛は病気で、それにつけこんだ赤間の金平に縄張りを奪われていた。涙ながらに語る娘・お君の言葉が終らないうちに、伊太郎は長脇差片手に飛び出していった。金平を斬った伊太郎は、再び草鞋をはいた。途中、また巡礼親娘に出会った。その時、金平の乾分たちが三人を囲んだ。所詮彼らは伊太郎の敵ではなかったが、巡礼・吾平が傷ついた。吾平を背負った伊太郎と、娘・お加代の三人は、土地の親分・虎五郎の世話になった。一宿一飯の義理から、伊太郎は虎五郎の女房・お君とかけ落ちした利吉を斬った。が、利吉は苦しい息の下から「お君は俺の女房だ、虎五郎が……」というのだ。当の虎五郎は、好色な目を光らせ、お加代に襲いかかっていた。そこへ駈けつけた伊太郎、虎五郎をぶった斬った。--お加代の腕をとった伊太郎が、故郷の母のもとへ現れた。堅気になって戻ってくるまで、お加代を預ってほしいと言った。半年、長くて一年、それまでには必ず帰って参りますから、と念をおして。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。