日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

金獅子紋ゆくところ 魔境の秘密
キンジシモンユクトコロマキョウノヒミツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年12月15日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Intrigue in the Border  
上映時間
57分  

「金獅子紋ゆくところ 黄金蜘蛛」の続篇で、北海道の原野を背景とした活劇。脚色・大和久守正、監督・伊賀山正光、撮影・杉田正二と、前作同様のスタッフ。出演者も、里見浩太郎・沢村精四郎・円山栄子など同じ顔ぶれ。

スタッフ

企画
辻野公晴神戸由美
原作
近藤竜太郎
脚色
大和久守正
監督
伊賀山正光
撮影
杉田正二
音楽
山田栄一
美術
前田清
照明
福田晃市
録音
野津裕男
編集
宮本信太郎

ストーリー

エゾの国で、北エゾからきたアイヌの酋長クチガイが、エゾの酋長タチキと結び、松前藩の城砦を襲っていたという。幕府の放った隠密山内が行方しれずになった。幕府は和平の使者として獅子之助をさしむけた。獅子之助がお町と勘次を連れてハシワケの砦についたとき、すでにそこはタチキの一隊に荒らされていた。残された槍の旗印をたよりに、獅子之助は一人でアイヌの根城を探りに向った。クチガイは軍師格の浪人者と計って若いタチキを操り、松前藩の砦を攻めさせ、エゾを自分の支配下におこうとしていた。それを盗み聞いた、タチキの妹・チヌイとその侍女ウバロを“頭の皮はぎ”の処刑にかけようとしたとき、来合せた獅子之助が救った。彼が砦に引き返すと、松前藩の警備隊長・堀江らが着いていた。チヌイはウバロと勘次を連れ、カンべツ砦に向った兄を求めて発つ。このことは、早速クチガイの知るところとなった。砂金に目がくらんだ堀江が内通しているのだ。たちまち彼らは捕まる。獅子之助はお町を連れ、クチガイに会うため発った。二人は黒覆面の騎馬隊に襲われた。逃げる途中、一人逃れたウバロに会う。獅子之助はクチガイのいるウワボ集落へ向う途中捕えた伝書鳩から、堀江の内通を知る。クチガイはタチキ不在の集落に火を放ち、カンベツ砦を攻めるタチキの軍を救援と見せかけ、散々な目にあわせる。タチキは逃げる途中、ウバロからワナであることを知らされ、ウワボ集落へ向う。そこでは、チヌイと勘次がしばられ、広場の皆は酒宴である。獅子之助は集落の若者に化けて勘次らの縄を解き、更にクチガイに短銃を向けた。そのとき彼の背後に例の浪人者が銃をつけた。死んだと思った隠密山内だった。これも砂金に目がくらんだのだ。すきを見て、獅子之助は彼を倒し、タチキの一隊もなだれこんできた。乱闘。タチキはクチガイを倒す。警備隊も駆けつけた。逃げようとした堀江も、獅子之助に見つけられ、死ぬ。--獅子之助らは江戸へ向う。その手に、チヌイからおくられた恋の花・黒い百合がいつまでもかざされていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。