日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

銭形平次捕物控 雪女の足跡
ゼニガタヘイジトリモノヒカエユキオンナノアシアト

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年12月28日 
製作会社
大映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
The Footmark of a Snow Fairy  
上映時間
80分  

野村胡堂の原作を、西村八郎と「赤胴鈴之助 黒雲谷の雷人」の松村正温が脚色、「濡れ髪剣法」の加戸敏が監督した、大映が正月には恒例の銭形平次もの。撮影は「抜き足差し足忍び足」の牧田行正。音楽は「喧嘩笠(1958)」(東映)の鈴木静一。「伊賀の水月」の長谷川一夫を筆頭に、船越英二・香川京子・沢村美智子らが出演。

スタッフ

製作
三浦信夫
企画
浅井昭三郎
原作
野村胡堂
脚色
西村八郎松村正温
監督
加戸敏
撮影
牧田行正
音楽
鈴木静一
美術
上里義三
照明
加藤庄之丞
録音
大谷巌
編集
宮田味津三

ストーリー

師走に平次は伊勢詣りで江戸を留守にした。怪盗団花蝙蝠が千代田城の御金蔵を破るという事件が起きた。八五郎は女目明し石原のお品と力を合せて探索した。花蝙蝠の一団が両替屋松前屋を襲ったとき、八五郎らの機転で袋小路に追いこみ、一味を全滅させた。八五郎らは人気者になり、松前屋の娘、きよら六人の男女奉行から金一封をもらった。八五郎とお品が夜道を襲われ危くなったとき、投銭で救ったのは旅から帰着した平次だった。--駕かきが雪女を見た。丸い穴の足跡をたどると、おきよの死体が雪の下から現れた。三の輪万七は彼女に惚れた大場弥十郎が犯人だといった。彼は割腹自殺していた。が、平次は他殺と断じた。彼は花蝙蝠一味殺害に協力した者だった。大川端で死体のあがった上総屋のおみねもそうだった。お礼参りか。続いて、例の袋小路が全焼したのだ。平次は一味の首をさらした小塚原へ行き、おれんという鉄火女を見た。--お光・三吉姉弟がすずめ長屋の伝蔵をたよって江戸へ来た。が、伝蔵は花蝙蝠事件以来姿を消していた。姉弟の話で平次は谷中の妙法寺を訪れた。和尚栄信は伝蔵など知らぬといった。協力者・飛脚の新助が火の見番伍平の火の見櫓の上で惨殺された。--御金蔵の三方両は以然として出て来ず、南町奉行は若年寄から年内解決を厳命された。協力者・「舟源」の女将おしまが怪漢に襲われたとき、身代りになっていた平次が闘った。賊は煙草入れを落して逃げた。伝蔵は煙草を吸わぬのだが。浅草の掛け小屋の呼びこみに化けていた八五郎に、おれんがひょいと結び文を渡した。栄信和尚から死んだはずの花蝙蝠の首領・伊太郎あてのものだ。大晦日の前日。賊がお光とお品を連れ去った。平次は寺社奉行役人と共に妙法寺へ行き、栄信の死体を発見した。平次が残した例の煙草入れを伍平が忘れたといって取りに来た。浅草の掛小屋が急に小屋をたたみ、西国へ旅立つらしかった。荷物に見せたお光・お品を大川に投げこもうとしたとき、中から平次と八五郎が現れた。首領伊太郎は伍平だった。袋小路の長屋に住む伝蔵が身代りにさらし首にされたのだ。三万両はむろん一行の荷の中にあった。雪女は竹馬を使った伊太郎のこけおどしだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。