日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

かくれた人気者
カクレタニンキモノ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年12月15日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
Everyone's Favorite  
上映時間
76分  

獅子文六の『おばあさん』を、「とゞけ母の叫び」の依田義賢が脚色、「よさこい時雨」の酒井欣也が監督したホーム・コメディ。撮影は「お夏捕物帖 月夜に消えた女」の石本秀雄。

スタッフ

製作
杉山茂樹
原作
獅子文六
脚色
依田義賢
監督
酒井欣也
撮影
石本秀雄
音楽
西山登
美術
桑野春英
照明
蒲原正次郎
録音
三輪三郎

ストーリー

今春高校を卒業する丸子は、栄養学校を志望している。だが、欣一・滝子の両親は反対だった。賛成してくれるのはおばあさんだけだ。丸子は、両親に無断で栄養学校へ願書を出したと言った。おばあさんは、欣一と滝子から丸子の養子の話があるから見合をすすめてくれと頼まれたばかりだった。また、おばあさんの三男の三平が、結婚したいと言い出した。彼は欣一の脛かじりで新劇に熱中している。欣一は三平が芝居をやめないかぎり、結婚費用など出しそうにもない。それに、相手のマリ子という娘も同じ劇団の女優でアルバイトにバーに勤めていた。ある日、おばあさんの次女の八重子が家出したという知らせがあった。彼女は開業医に嫁いでいるのだが、これはよろめきがちの夫をこらしめようという心算らしかった。慌てて迎えに来た夫に迎えられて、この事件は無事落着した。おばあさんは、花婿立候補の恒夫を、夕食に招くという形で丸子に会わせた。不意打ちの見合いに丸子は怒ったが、恒夫を嫌ったのでもないらしかった。結局、恒夫と交際するという条件で、栄養学校入学が認められた。ところがおばあさんが恒夫の父の謙三と大喧嘩をしてこの縁談は破談になった。欣一夫婦は怒った。丸子も淋しそうだ。おばあさんは隠居部屋にこもった。しかし、恒夫が怪我をし、これがいい機会になって恒夫と丸子はめでたく結ばれたのである。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。