日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

決闘街
ケットウガイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年02月10日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

平凡連載の宮本幹也の原作を、「自殺を売った男」の高橋治が脚色、「帰って来た縁談」の堀内真直が監督したアクションもの。撮影も同じく「帰って来た縁談」の小原治夫。「花は嘆かず(1958)」の大木実、「幸運の階段」の高千穂ひづる、「蟻の街のマリア」の南原伸二らが出演。

スタッフ

製作
桑田良太郎
原作
宮本幹也
脚色
高橋治
監督
堀内真直
撮影
小原治夫
音楽
木下忠司
美術
熊谷正雄
照明
市村政次郎
録音
堀義臣
編集
浜村義康

ストーリー

膳雄二は殺しの現場を見たのだ。銀座のギャングのボス・鉄井が京橋のギャングのボス・坊原の手下の男を、交通事故と見せかけて殺した、その現場を。コーヒー店・文鳥の主人の孝吉も見ていた。雄二が警察にとどけようとするのを、孝吉はとめる。われわれも危くなる。雄二が警察から帰ってきたとき、孝吉はすでに鉄井組に連れさられていた。雄二は鉄井組に単身引取りに向う。--彼は戦災孤児だった。将軍爺という老人に拾われ、その娘・千代や秋夫という少年と一緒に靴みがきをやった。老人はみんなを教育し、愛した。雄二は米軍大尉について、沖縄に渡り、今は新聞記者になった。北海道へ出張の途中、十二年振りにこの街に立寄った。--鉄井組は、孝吉はいない、返したといった。手を引けともいう、“有楽町夫人”という謎の女が坊原と鉄井を操っていた。雄二は鉄井組に呼びだされ、襲われ、見事な空手の腕を示すが、捕まる。有楽町夫人が坊原の手下を引き入れ、雄二を救わせる。雄二は孝吉の居場所を知ろうと鉄井のところへ行き、彼に迫った。雄二は将軍爺に再会し、初めて有楽町夫人が千代であることを知る。-一ある日、千代は梶岡という財界に力を持つ男に連れ去られた。のち、街娼になる。爺を見向きもせぬ。今は、梶岡の金と力のために、その指図通りに鉄井や坊原を操っているのだ。梶岡はこの町のヤクザどもをかみ合せ、共倒れにさせ、町を自分のものにしたいのだ。雄二は千代のアパートを訪ね、平手打ちした。昔の君はそんな投げやりな人間じゃなかった。昔から好きだったんだ。彼が出て行ったあと、さしもの千代も泣いた。文鳥の孝吉の妹は桃子という。その恋人が例の秋夫だった。鉄井の手下になっていた。孝吉の居場所を教えてくれと鉄井に頼む。--孝吉はすでに殺されていた。鉄井は秋夫をたきつけ、雄二を殺せと拳銃を与える。秋夫は雄二を昔の仲間と認めた。彼からさとされ、しかも孝吉の死を知った秋夫は鉄井に警察へ自首させようとするが、逆に右手を刺される。千代は何事かを決心し、坊原をケシかける。坊原は桃子と雄二をおびきだす。さらに鉄井を呼び、かねてから彼が執心の女・美紗子と引きかえに仕事から手を引けという。鉄井は断った。すると、千代は坊原に、鉄井は警察へ自首するようすすめたら怒るだろうとケシかける。証人の雄二と証拠の品があるといって。秋夫はケンカ場へ鉄井らに連れられた。夜の乱闘が始る。雄二は美紗子に救われ、駈けつける。ケンカ場を見下す建物の一室で梶岡と千代が見ていた。鉄井組が坊原らに勝つ。彼らが秋夫を始末しようとしたとき、雄二がきた。救って引き揚げようとしたとき、倒れた鉄井が拳銃で狙った。梶岡が上から撃った。千代は梶岡が殺人をしたのを見たのは私一人、三千万よこせという。今日までじっと待っていた。やっとあなたの尻尾を握った。梶岡は小切手を書くと見せて婦人持ち拳銃を取り出す。君はこれで自殺することになる。梶岡は千代を追いつめた。そのとき、将軍爺が飛びだし、彼をナイフで刺す。梶岡も撃つ。“町をきれいにするんだぞ”爺は死んだ。--文鳥の店に、雄二、千代、桃子、秋夫、美紗子が集った。雄二の北海道行きを仲良く皆で見送るためだ。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。