日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

旋風家族
センプウカゾク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年01月28日 
製作会社
東映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
The Happy Family  
上映時間
87分  

「若い川の流れ」の共同執筆者池田一朗と小川英の脚本を「空中サーカス 嵐を呼ぶ猛獣」の小石栄一が監督した青春メロドラマ。撮影は「点と線」の藤井静。

スタッフ

企画
渾大防五郎根津昇
脚本
池田一朗小川英
監督
小石栄一
撮影
藤井静
音楽
飯田三郎
美術
田辺達
照明
川崎保之丞
録音
大谷政信
編集
長沢嘉樹

ストーリー

池貝建設の社長・大三氏と道子夫人には二人の息子と一人の娘がある。次男の二郎君は、両親が反対する姉の由紀と、安月給の中学音楽教師田村五郎君の恋愛を助けて、彼女を家出させた。パパとママは大憤慨である。二郎君は都南大学の同窓の相棒誠君と街をぶらついて、ギターを盗まれかけたことから、流しのデブチンと知りあった。意気投合した三人はナイトクラブ・モニカに出かけ、下手なバンドに代ってロカビリーを熱演した。これをみた女性プロモーター安西峰子女史と妹の里美さんは、三人組にデブチンの友人苦虫を加えて、フォア・ワゴンスというバンドを結成させた。その頃、大三氏の会社の副社長で、秀才タイプの長男健一君は、父の秘書比佐子さんと愛し合い、彼女は赤ちゃんまで出来ていた。しかし体裁屋の彼は両親になかなかこれを発表しない。苦しんだ比佐子さんは学校時代の親友里美さんに相談した。彼女からこれを聞いた二郎君は兄を詰問し、兄貴を殴ろうとして誤って立花組のチンピラ金公を殴ってしまった。これは、立花組の代貸森の怒りをかった。五郎君と由紀さんの家にかくまわれて、社に出てこない比佐子さんを心配し、健一君はようやく愛情に目覚めた。クリスマスの晩、池貝一家はパパとママの淋しい二人だけになってしまった。ところがテレビのスイッチを入れてみると、画面では二郎君等のバンドがロカビリーを大熱演中である。しかも現れた立花組一家との間に大乱斗がはじまった。パパもママも大いに驚いたが、これは実はプロモーター峰子女史の使った人気とりの八百長作戦だった。心配してかけつけた両親も総てが解って一安心。しかし、はじめてしった世間の裏側に二郎君はがっかりし、里美さんになぐさめられた。五郎君と健一君のカップルも加え、旋風家族はやっとまた一つになった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。