日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

青蛇風呂
アオヘビブロ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年01月22日 
製作会社
大映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
57分  

「赤胴鈴之助 どくろ団退治」の共同執筆者吉田哲郎の脚本を、同じく「赤胴鈴之助 どくろ団退治」の弘津三男が監督した大映一連の蛇映画。撮影も「赤胴鈴之助 どくろ団退治」の竹村康和。

スタッフ

製作
三浦信夫
企画
高椋廸夫
脚本
吉田哲郎
監督
弘津三男
撮影
竹村康和
音楽
渡辺岳夫
美術
神田孝一郎
照明
斎藤良彰
録音
長岡栄
編集
西田重雄

ストーリー

料理茶屋の白藤では、主人清吉の弟佐助と、武蔵屋の娘お妙との間に、婚約披露の宴が催されていた。と、北町奉行所の同心が現われ、佐助は縄を打たれた。昨夜、海産物商の能登屋に賊が入り、秘蔵の香炉が盗まれたが、現場に落ちていた紙入れが動かぬ証拠だというのだ。佐助が連れられた後、帳場をあずかる源七が、佐助の部屋から問題の香炉が出て来たと告げた。内儀のおえんは、源七を亡き者にすればすべては安泰だと清吉に囁いた。源七は毒酒を飲まされた。おえんは死体を庭の古井戸に投げこんだ。--佐助の入牢が決まると、お妙は与力・小源太を訪れ、今一度調べてくれるようにと頼んだ。小源太は白藤に現われた。ちょうど目明しの三次と乾分の兵六も姿を見せていた。兵六が十手を井戸の中へ落した。だが、井戸の中には源七の死体はなく、兵六の十手が沈んでいるだけだった。--白藤では、奇妙な事件が次々と起るようになった。清吉は源七の幻に苦しめられ、おえんは蛇に呪われた。ある夜、おえんの後を追って寮へ足を踏み入れた清吉は、そこに源七の死体を見た。と、その死体が立ち上るのだ。背後の襖が開いておえんが現われた。源七とおえんは、白藤の身代を乗っとるために大芝居を打ったのだ。そこへ、小源太が出現、おえんはすばやく床板をはいで蛇を取り出した。が、小源太の敵ではないのを覚ると、おえんは舌を噛み切った。無数の蛇がはい寄り、からみついていった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。