日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

大学のお姐ちゃん
ダイガクノオネエチャン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年03月03日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
Three Dolls in College  
上映時間
92分  

「社長太平記」の笠原良三のオリジナル・シナリオを、「人生劇場 青春篇」の杉江敏男が監督した青春もの。撮影も同じく「人生劇場 青春篇」の完倉泰一。

スタッフ

製作
藤本真澄
脚本
笠原良三
監督
杉江敏男
撮影
完倉泰一
音楽
神津善行
美術
村木与四郎
照明
猪原一郎
録音
小沼渡

ストーリー

日南大学に青春を謳歌する三人の女子学生--園江敏子、水原美津子、秋山重子はいずれ甲乙つけがたいスーパーレディの面面であるが、揃って苦手のフランス語では馬野教授にしぼられている。美津子は敏子に毛皮のコートを代償にデイト代を借りるが、敏子は同じアパートのバーの女給キリ子に一日百円のそのコートを二千円でまた貸し、しかもその美津子とキリ子が重子の働いているナイトクラブで鉢合せしたからたまらない。キリ子と美津子の乱闘に、キリ子の情人岩船、拳闘部員で美津子のクラスメートである大久保君も飛入った騒ぎにパトカーが駈けつけ、敏子まで一行共々警察で説諭を喰った。しかもフランス語の試験では苦心のカンニングも見つかり単位はフイ、その上教授が好物のコニャックをぶらさげて教授宅をたずねると弟子のハンサムボーイ高田に追い返されてくさってしまった。土地購入に出資したが不動産会社のサギにかかり大くさりの敏子、恋人との仲のうまくゆかない重子、美津子の三人は揃って退学を決意する。が、折しも教授の病気引退で高田がフランス語の教壇に立つと、退学なぞケロリと忘れての心酔ぶり。互いにコッソリ高田邸を訪れたつもりが、三人見事に鉢合わせしたり、揚句に許婚者まで紹介されてさすがのスーパーレディもダアとなってしまった。しょげきった三人は敏子の発案したもとはと云えば高田がネライの「馬野教授謝恩記念パーティ」をけなげにも開くが、会場には重子と仲直りしたラッキイ・仲木、敏子をペテンにかけたかの土地業者から十万円をせしめた前原君、学生選手権試合で優勝した美津子の恋人大久保君がかけつけて来た。今はすっかり幸せそうな重子と美津子に交って敏子も前原君に手をとられて踊りの群に入って行った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。