日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

美男城
ビナンジョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年02月24日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
The Forbidden Castle  
上映時間
93分  

「いろは若衆 ふり袖ざくら」の佐々木康が監督した娯楽時代劇。撮影は「殿さま弥次喜多 怪談道中」の坪井誠。

スタッフ

企画
辻野公晴小川貴也
原作
柴田錬三郎
脚色
成澤昌茂
監督
佐々木康
撮影
坪井誠
音楽
鈴木静一
美術
鈴木孝俊
照明
和多田弘
編集
宮本信太郎

ストーリー

関ケ原の合戦で徳川方が勝利を得た裏には、美濃の国日坂の城主・伊能盛政の大阪方に対する裏切りがあった。盛政の子主馬之介にとって、この父の行為は死にまさるものだった。彼は父の殺害を心に決めた。一方家康は、勝利をもたらせた盛政ではあったが、その謀叛を心よく思わず、盛政・主馬之介暗殺を図った。主馬之介と幼馴染ではあったが野心家の頼之助は、主馬之介に惹かれている妹・千草の気持を利用、主馬之介を屋敷に引き入れ毒を盛った。土牢に入れられた主馬之介に、外から鍵が渡された。関ケ原の戦で一命を救った金吾中納言の妹・美尾姫だった。日坂城では謀叛の責をタテに、家臣たちが盛政に詰腹を迫っていた。盛政は狂乱、天主閣に火を放った。「あなたを斬って私も死ぬつもりでここへ来ました」瀕死の盛政に主馬之介は言った。が、盛政は主馬之介に意外な出生の秘密を語った。「妻はむりやり秀吉の夜伽を命ぜられた……三成がとりもったのだ」。主馬之介は父の裏切りの意が分った。三成への復讐であったのだ。主馬之介は父の遺骸を車に伊能家の菩提所歓喜寺に向った。しかし、住職は冷くこれを拒んだ。主馬之介は亡骸を日坂城に葬ることにした。だが日坂城で待っていたのは頼之助率いる暗殺団だった。主馬之介は彼らを淡々と斬った。頼之助も斬った。--主馬之介は盛政を日坂城に葬った千草は焼け残った本丸で彼を見つめていた。が、主馬之介は馬上の人となった。見送る千草の背は激しく震えていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。