日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

特ダネ三十時間 深夜の挑戦
トクダネサンジュウジカンシンヤノチョウセン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年03月10日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Challenger at Midnight  
上映時間
56分  

「特ダネ三十時間 第三の女」につづく社会部記者ものの第二作。菊村到の「敏腕記者」から、「特ダネ三十時間 第三の女」の舟橋和郎が脚本を書き、同じく「特ダネ三十時間 第三の女」のコンビ・村山新治と西川庄衛がそれぞれ監督と撮影を担当した。

スタッフ

企画
岡田寿之園田実彦
原作
菊村到
脚色
舟橋和郎
監督
村山新治
撮影
西川庄衛
音楽
池野成
美術
北川弘
照明
銀屋謙蔵
録音
岩田広一
編集
長沢嘉樹

ストーリー

日日新聞の清水浩平記者は木島という弁護士に面会を求められた。彼の扱った記事“魔の踏切でアベック轢ねらる”を訂正せよというのだ。はねられたアベックの山根化学社長令息・恭一郎と松本芳江は何の関係もなく、芳江は人妻だからと。浩平はミシンのセールスマン・川田という男からも、芳江は彼の内妻だと、訂正を求められた。不満ながら、浩平は翌日の新聞で訂正した。一週間後川田はあるバーで浩平の名をカタって飲んでいた。呼ばれた浩平に話した。芳江を責めたら、恭一郎との関係を吐いたと。浩平は木島を訪ねたが、信用できぬと追い帰された。彼はさらに山根家を訪ね、山根社長が熱海にいることをきき、そちらへ向う。車中で毎朝新聞のベテラン、大木記者に会った。同じ旅館へ泊った。何か事件がありそうだ。浩平は女中から、山根の部屋に、若い女と、産工省の役人、宮地がいることを聞きだした。浩平は強引に面会した。山根は木島と川田が新聞の誤報を利用して彼をユスったのだといった。息子と芳江は無関係だと。浩平は街で芳江に出会った。彼女は山根のメカケだった。恭一郎が心配し、相談相手になっていた。同行していたときの事故である。山根と宮地の密談を大木記者が狙っていることも話してくれた。警視庁が一両日中に山根を召喚する予定らしいという情報で、浩平は帳場の忠吉を買収し、山根あての電話を盗聴した。山根は召喚を逃れるため明日、外国へ飛ぶ手はずをきめた。浩平は警視庁捜査二課に連絡した。他の社にもらさぬ約束で。原稿をつくった。大木が遊びにきた。完全に出し抜いたと思った。酒宴になり、大木が眠っている間、警視庁の車がついた。山根は宮地と贈賄容疑で逮捕された。--翌日、浩平は自分だけの特ダネでなかったことを知った。毎朝新聞に大木の記事が載っていた。大木は帳場に浩平の倍額の金をはずんだのだ。特ダネ競争なんてつまらんよ。浩平はまず寝ることにした。寝て起きたら、また事件が起っているだろう。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。