日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

たつまき奉行
タツマキブギョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年03月10日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Vanished Gold Case  
上映時間
95分  

小説倶楽部連載の陣出達朗原作の同名小説を「あばれ大名」の鈴木兵吾が脚色し、「鞍馬天狗」のマキノ雅弘が監督した娯楽時代劇。撮影も「鞍馬天狗」の三木滋人が担当。

スタッフ

企画
玉木潤一郎
原作
陣出達朗
脚色
鈴木兵吾
監督
マキノ雅弘
撮影
三木滋人
音楽
高橋半
美術
鈴木孝俊
照明
田中憲次
録音
佐々木稔郎
編集
宮本信太郎

ストーリー

遠山の金さんこと、北町奉行遠山金四郎の所へ親友佐渡奉行藤堂佐渡守が来た。用件は佐渡金三百貫を輸送中、大竜巻のため御用船佐渡丸が行方不明になったことだ。町人姿の金さんは佐渡に出発した。同じ事件を究明するため南町奉行の与力渡会三四郎、それに佐渡に行って消息不明になった与力手塚久兵衛の娘で、三四郎の恋人美鈴も佐渡へ向った。佐渡に着いた金さんは、佐渡丸の遺族の面倒をみている、島の酒造家杉戸平右衛門と支配組頭郡源太夫の二人に目をつけた。杉戸屋のやっている飲み屋に、美鈴が住込み情報を集めた。同じ店のお半は金さんに惚れこんだ。その頃、佐渡丸の生残りの一人伊之吉が帰って来たという噂が立った。拾い屋の屑安がドブ川で一両小判を拾った。その小判には“テヅカ”と刻んであった。その屑安を物陰からみている杉戸屋を、金さんと美鈴は知っていた。金さんは佐渡守に、佐渡丸事件は杉戸屋実は名うての海賊と、源太夫の仕組んだ芝居だといった。源太夫に化けて牢に入った金さんに、佐渡守が来て明日の暮六つに助けてやるといった。明け六つ、それは金さんが廃坑内に閉じ込められている、美鈴の父を救出すると佐渡守にいった時刻だ。金山祭りの唄声がこだまするうち、佐渡守の合図で鉱夫頭の虎鮫が導火線に火をつけた。その時、金さんを初めとする、三四郎虎鮫こと北町奉行与力鮫島重蔵らの捕物陣が、佐渡守を包囲した。事件の張本人は佐渡守であった。金さん一行を乗せた船が出る。船が出る寸前、金さんの跡をしたうお半が飛び乗った。舟は帆を上げて、まっしぐらに沖に出ていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。