日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

新婚列車
シンコンレッシャ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年03月29日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
67分  

「新家庭問答」の斎藤良輔のオリジナル・シナリオを「大学の合唱」の穂積利昌が監督したコメディ。撮影は「がんばり娘」の井上晴二。

スタッフ

製作
桑田良太郎
原作
森政二
脚色
斎藤良輔
監督
穂積利昌
撮影
井上晴二
音楽
万城目正
美術
逆井清一郎
照明
鈴木茂男
録音
新楠元
編集
斎藤正夫

ストーリー

婦人雑誌の記者佐々木奈津子は次号特集「新婚百態」の取材にイトコの大島行夫を手伝わせることにした。目的の新婚予定者は六組で、奈津子、行夫は三組ずつ受持った。奈津子がインタビューしたのは、ブラジル帰りの富豪草間嘉兵衛とキングサイズの踊り子で財産目当てのむつみの一組、シャンソン界の花形歌手宇治かほるとファンの君島登、貧乏サラリーマン河津明と可憐なタイピスト早川圭子の三組だった。他方にわか記者行夫の受持は質屋の番頭吉沢堅太と大旦那の娘きみえ、家計の犠牲となって嫁ぐ純情娘よし子とドンファンの堤浩介、それに土地の親分大鏡大生と女親分黒岩登美だった。初仕事の行夫は失敗を重ねるが、それでもどうやら仕事をかたづけた。こうした六組の新婚組が偶然にも同じ日、同じ目的地の熱海へ向った。東京発の新婚列車、同じ車輌に奈津子と行夫が乗り込んだのは無論である。そして宿泊先がまたまた同じ“宝泉閣”であったことは奈津子を大へん喜ばせた。“宝泉閣”の女将は奈津子の実姉であり、二人が女中と番頭に化けることは容易だったからだ。新婚初夜の取材は更に多忙をきわめ、失敗も少くなかった。だが一方ではよし子をドンファンの好餌から救って、行夫の親友三浦との恋仲をとりもったりの善行をほどこした。そんなわけで二人が手がけた「新婚百態」の記事は大成功、奈津子と行夫の結ばれる日も間近い。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。