日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

俺は挑戦する
オレハチョウセンスル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年04月08日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

柏木和彦・松尾昭典の脚本を「網走番外地(1959)」の松尾昭典が監督した、学生プロボクサーが主人公のアクションドラマ。撮影は「群集の中の太陽」の高村倉太郎。

スタッフ

企画
児井英生
原案
有高扶爽国分康一郎
脚本
柏木和彦松尾昭典
監督
松尾昭典
撮影
高村倉太郎
音楽
佐藤勝
美術
中村公彦
照明
大西美津男
録音
福島信雅
編集
辻井正則

ストーリー

慎一は夜ふけの岸壁で父に誓った。俺はチャンピオンになるぜ。プロ入りすぐ、ウェルター級チャンピオン挑戦者に選ばれた。父は選手権試合に敗れ、自から命を断った。母の誕生日を布施トレーナーの娘由紀(幼友達だ)と祝ったあと、この岸壁に来たのだ。人のうめき声がきこえ、黒い人影が襲ってきた。彼のパンチで人影は散った。メダルが一つ残された。--哲也がたずねてきた。学生時代の友人で、由紀の恋人だった。神戸の貿易商につとめているという。マリーという女から慎一に電話があった。三面記事のトップを見よ。記事は岸壁に死体があがり、それは○○事件の重要参考人だと告げていた。慎一は指定の場所へ行った。マリーはあの岸壁に落ちていたメダルを示した。彼が学生のライト級に優勝したときのものだ。メダルを買い戻すと、慎一はそのままメダルを哲也にとどけた。哲也はそれを見ると、身をひるがえして逃げた。--彼は慎一と由紀を裏切っていた。メダルは慎一がせん別に彼にやったものだ。彼は倉庫の殺人事件の一味だったのだ。慎一は神戸へ帰ろうとする彼をつかまえた。自首はいやだぜ。哲也は雑踏に消えた。慎一と由紀は彼を探し、立川の彼の姉のもとをたずねた。帰途を、彼の一味、五郎がさえぎった。そのとき、哲也が現れ、五郎を射った。五郎は哲也の裏切りをボス宮脇に告げた。慎一を試合前につかまえろ。選手権試合の前日、慎一は一味に捕り、地下室に閉じこめられた。試合時間は迫った。哲也は慎一の身代りをボスに申し出た。このときすでに、慎一はボスの情婦、蓉子の助けで逃れていたのに。九時までに彼が帰らねば、哲也を殺す。こう記された紙片がリング下から渡された。慎一は消耗しきっていた。が、猛然ラッシュに移り、相手をノックダウンした。すぐさま例の地下室にかけつけた。哲也は一味と闘っていた。深傷を負っていた。慎一はボスと五郎を倒した。哲也は死んだ。慎一は父の写真につぶやいた。チャンピオンにはなれたが、友達を一人失いました……と。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。