日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

お嬢吉三(1959)
オジョウキチサ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年04月21日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
80分  

「かげろう笠」の犬塚稔のオリジナル・シナリオを、「化け猫御用だ」の田中徳三が監督した娯楽時代劇。撮影は「かげろう笠」の今井ひろし。「弁天小僧」の市川雷蔵、伊達三郎が出演。

スタッフ

製作
三浦信夫
企画
浅井昭三郎
脚本
犬塚稔
監督
田中徳三
撮影
今井ひろし
音楽
斎藤一郎
美術
西岡善信
照明
加藤博也
録音
海原幸夫
編集
菅沼完二

ストーリー

江戸御牢を赦免になったお嬢、和尚、お坊の三人吉三は、その足で悪旗本原田庫之助と悪貸元伝法院の仁兵衛にお礼参りをした。この二人こそ三人吉三を牢にぶちこんだ張本人だったのである。江戸を売って東海道を旅に出た三人を追って、料理屋の娘お民と女義太夫のお加代が続いた。小田原宿で草鞋を脱いだ三人は、伝法院の追手にねらわれたが、危い所をお民に救われた。箱根宮の下で湯につかっていると、三人は江戸で馴染みの女衒の辰と出会った。辰は一晩三両の生娘を世話したが、男三人に娘一人。くじ引きすると幸運はお嬢に当った。辰に導かれて小屋に入ると、娘は抵抗してお嬢は困惑するばかりであった。突然若い男が飛び込んで来て娘は「倉松さん」と呼んで抱き合った。娘は借金のカタに辰にとられた身で、倉松は金貸し鬼伝から身にしむ折檻をうけた。後味の悪い三人はいたずらを企んだ。お嬢が女装して鬼伝のところに娘の証文をとりに行った。うっかり証文を渡した鬼伝は、毛ずねを出したお嬢の姿に驚いたがあとのまつり。証文によると、娘はお嬢の幼馴染みお美和だった。あわてたお嬢は、辰を追った。ひとあし早く江戸入りした辰は、こともあろうに、お美和を仁兵衛に売った。お嬢らにお礼参りされて以来、悪旗本の覚えもめでたからずくさっていた仁兵衛は、ハタと膝を打って喜んだ。遅れて江戸入りしたお嬢は、お加代から、お美和が悪旗本原田のもとに妾奉公に出されることを聞いた。仁兵衛もお嬢の出現にしまりを堅くしたが、裏をかいたお嬢は忍び込んだ。お美和を救い出したが、仁兵衛一味に市中の木戸を閉ざされてしまった。お嬢はお美和の衣裳をまとうと、火事の半鐘をたたいた。木戸は開き、どさくさの中をお美和は逃れた。お藤は仁兵衛一味に囲まれたが、かけつけたお坊、和尚三人吉三の大暴れに、原田一味も仁兵衛一家も倒れた。三人は再び江戸をあとに旅立った。嬉しげな倉松、お美和の後から、お嬢を追ってお民、お加代があとになったり、さきになったりした。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。