日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

社員無頼 反撃篇
シャインブライハンゲキヘン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年06月02日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

「社員無頼 (怒号篇)」の続篇で、脚色・岡田達門、井手俊郎、監督・鈴木英夫、撮影・逢沢譲と前作と同様の顔ぶれである。

スタッフ

製作
三輪礼二
原作
源氏鶏太
脚色
岡田達門井手俊郎
監督
鈴木英夫
撮影
逢沢譲
音楽
池野成
美術
阿久根巖
照明
石井長四郎
録音
上原正直

ストーリー

大阪に着いた雄吉は、友人の浩介から興和工業の渡辺専務に紹介された。興和工業は社長派と渡辺派が会社の実権をめぐって争っていた。隅田は社長派だ。その隅田に反感を抱く雄吉を味方に引き入れ、隅田の不正をあばき、それを機に社長を失脚させるのが渡辺の計画である。雄吉は渡辺に誘われて行ったキャバレーで、隅田の妻・由美子と出会った。恋人を隅田に奪われた雄吉は、由美子を誘惑して隅田に復讐してやろうと思った。だが、突然姿を現わした蘭子がそれを妨げた。その頃、隅田に捨てられた美奈が自殺を図った。雄吉は東京に戻り、隅田一派の不正をさぐるため、柿原工業に再入社しようとした。大阪で貰った十万円の軍資金を鬼田に渡し、隅田への橋渡しを頼んだ。隅田は雄吉をいじめる目的で小使として入社させた。雄吉は隅田の身辺をさぐり、大阪へ情報を送った。が、大阪からは何の反応もなかった。その上、再び隅田のために会社を追われた。雄吉は大阪へ行ったが、渡辺専務の態度は冷たかった。社長と専務の派閥争いは終ったのだった。そんな雄吉に、救いの手をさしのべたのは蘭子だ。彼女は雄吉を大東工業社長である伯父の相沢に紹介した。相沢は柿原工業の株を買い、興和工業から借りた六千万円の借金を返済してくれるというのだ。雄吉の使命は終った。彼は勝ったのだ。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。