日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ふたり若獅子
フタリワカジシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年05月19日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Young Chevalries  
上映時間
88分  

並木行夫の「空飛ぶ剣」を、「母しぐれ」の村松道平が脚色し、「唄祭りかんざし纏」の深田金之助が監督した娯楽時代劇。撮影は「紅だすき喧嘩状」の松井鴻。

スタッフ

企画
辻野公晴神戸由美
原作
並木行夫
脚色
村松道平
監督
深田金之助
撮影
松井鴻
音楽
小沢秀夫
美術
吉村晟
照明
福田晃市
録音
藤本尚武
編集
宮本信太郎

ストーリー

十代将軍徳川家治の世。幕政は大老田沼意知の手によって乱れていた。時おり、田沼屋敷のあたりに黒装束の怪盗が出没した。彼は、田沼の指図で印幡沼の埋立測量を強行した土地代官に反抗し斬られた庄屋喜左衛門の子・春風安太郎だった。忍びそこねて家中に追われた安太郎を救ったのは、浪人・墨染新九郎である。新九郎は尾張大納言春信の三男坊だが、自由な市井の生活を求めて家を飛び出し、今は乾分蝶六をつれて生花師匠お志津の許に居候の身だ。新九郎と別れた安太郎は、追われる女お律を助けた。悪親分相馬屋角造の口車に乗せられ、二十両の借金をかたに身を売りかけたという。相手は田沼の悪家老井上伊織だった。一時はお志津の家にかくまわれたが、新九郎の留守中お律は角造に連れ去られた。角造は賄賂の小判にお律をそえて伊織に差し出した。その代償は、田沼直々の印幡沼埋立てのお墨付である。新九郎が伊織の許へ駈けこみお律を奪い戻した。お墨付は安太郎が奪い、新九郎はそれを老中松平越中守に送った。が、田沼一味は、どこでどうしてさらったか、お志津を囮に新九郎を招き、二人を監禁した。そして、新九郎と引きかえにお墨付の引き渡しを越中守に申し出た。田沼の悪事を証拠だてるお墨付だが、尾張家三男新九郎の一命には代えられない。承諾した越中守が田沼屋敷に現われた時、突如立ちはだかった男があった。安太郎の救いを得た新九郎だ。新九郎と安太郎は一味を斬った。娘の哀願で角造だけは刃をまぬがれたが。新九郎は将軍から遠州相良十万石が与えられようとしたがこれを断り、新しい世界を求めて舟を出す。彼の側にはお志津がいた。もう一艘には、安太郎とお律が並んでいた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。