日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

紅顔の密使
コウガンノミッシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年06月09日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Mission to Hell  
上映時間
89分  

千葉省三の原作を、「あばれ街道」の加藤泰が脚色、自ら監督した時代活劇。撮影は「孔雀城の花嫁」の吉田貞次。

スタッフ

企画
杉井進
原作
千葉省三
脚色
加藤泰
監督
加藤泰
撮影
吉田貞次
音楽
高橋半
美術
塚本隆治
照明
岡田耕二
録音
石原貞光
編集
宮本信太郎

ストーリー

延暦十九年、陸奥の一角に悪路王を将とする反乱軍が蜂起した。平和国家建設に向ったばかりの大和朝廷は、無防備同然でなすすべを知らなかった。ただ、陸奥の敵中で奮戦する胆沢城が、この悪路軍の足を止め得れば、訓練を終えた官軍を送ってこれを鎮圧することができるのだ。朝廷は、謀略を知る小田の武麿に、朝廷密使として陸奥に赴かせた。武麿は逢坂峠の関所で、陸奥まで父を探しに行く狭霧と知り合った。二人はとある長者の家に宿を取ったが、そこへ悪路王の輩下赤鷲、夜叉姫らの一行が侵入した。武麿は彼らを撃退したが、この時武麿が朝廷の密使であることを見破った。安濃津から鎌倉に向う船中、二人はまた赤鷲と出会った。格闘になり、武麿は足をすべらし海中に転落した。赤鷲は狭霧を捕え、武麿をおびき寄せようとした。ある日、人ごみの中で武麿の姿を見た母の柴木は、彼の名を呼んだ。柴木は赤鷲らのために捕えられた。武麿は赤鷲軍の幕舎に侵入したが発見され、矢を受けて捕まった。武麿の前で、柴木と狭霧が拷問を受けた。武麿は飛び出して鞭を奪った。赤鷲は手槍を投げた。とっさに武麿をかばった柴木の胸に槍は突きささった。狭霧は戦災孤児の柿丸に救われた。一方、武麿から密使の手形を奪った赤鷲は密使になりすまして胆沢城に乗りこみ、悪路王の軍勢を手引きするためひそかに城門を開けた。武麿は城内の古井戸にある燃える油水を反乱軍にかけた。城の周囲は火の海と化し、悪路王の大軍は全滅した。狭霧は城内で父と再会、武麿と狭霧は結ばれた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。