日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

風の中の瞳
カゼノナカノヒトミ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年06月09日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
76分  

新田次郎の原作を、「母子草」の楠田芳子が脚色したもので、中学生を主人公にした青春ドラマ。「有楽町0番地」のコンビ川頭義郎が監督し、荒野諒一が撮影した。

スタッフ

製作
長島豊次郎
原作
新田次郎
脚色
楠田芳子
監督
川頭義郎
撮影
荒野諒一
音楽
木下忠司
美術
平高主計
照明
飯島博
録音
小尾幸魚
編集
杉原よし

ストーリー

寺島は飛塚中学に就職し、三年のあるクラスの担当となった。このクラスの秀才は日野、彼はクラブ活動の議長をつとめ、女生徒荒木とコンビだった。川村は、小学校の頃から日野とせり合った仲だったが、家が貧しく、高校進学は諦めていた。近くの八百屋を手伝い、自転車の配達をしていた。関西へ修学旅行が行われた。川村は残留組にまじっていた。このように川村だけが孤立していくのが、寺島の心を痛めた。--夏が来た。有志が蓼科山へ行くことになった。寺島は川村を誘った。旅費は、川村が社会人となってから返済することにして、寺島が立替えたのだ。ところが、頂上附近で雷雨にあい、一行は危うく遭難しかかった。健脚の日野と荒木が下山し救助隊につげた。全員が無事に救い出されたが、PTAが寺島の行動を非難した。卒業期。川村はある町工場へ就職が決った。高校進学組の生徒たちも、それぞれ合格の通知を受け取った。が、宮崎という生徒だけが失敗した。宮崎は服毒自殺を図った。川村がいち早く発見して救った。かつて二人は犬猿の仲だったのだが。卒業式の日、修学旅行の留守を気象観測していた川村らの論文が、新聞社の選考で一等に選ばれるという朗報が届いた。寺島は川村の手を握った。生徒たちを前にして、寺島はとっておきの歌を公開した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。