日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

伴淳の三等校長
バンジュンノサントウコウチョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年06月02日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
52分  

森田竜男の原作を、「おヤエの身替り女中」の高橋二三が脚色したもので、老教師を主人公に夫婦愛を描いたホームドラマ。「伴淳のおじいちゃん」の永塩良輔が監督し、「蟻の街のマリア」の竹野治夫が撮影した。

スタッフ

製作
杉山茂樹小角恒雄
原作
森田竜男
脚色
高橋二三
監督
永塩良輔
撮影
竹野治夫
音楽
池田正義
美術
武田殷一
照明
蒲原正次郎
録音
舟野鬼子雄
編集
井上正夫

ストーリー

万年平教員だった山田正太郎が、急に校長に栄転することになった。が、着任してみると、そこは山奥の分教場で、校長・先生・小使と三役兼任だった。生徒も殆どが貧しい家庭の子供で、生計を助けるために欠席がちだ。その上、新任校長の買収に失敗したボスの三五郎や元村長の仙吉から邪魔者扱いされた。正太郎は妻のきくとはかり、乏しい貯金をさいて校舎の補修や自給自足の給食を始めたりした。ボス連中の妨害はしつこくなり、きくも遂に辞退を勧めた。が、正太郎はこの分教場に骨を埋める覚悟だった。集団中毒が発生したとの報があった。給食が原因と早合点した正太郎は辞職を決意したが、実はボスらの悪企みだった。ようやく正太郎の誠意が通い、村人たちも協力し出すようになった。源三が出所して来た。源三は三五郎の選挙違反の罪を引っかぶって服役していたもので、三五郎、仙吉が共謀して学校の予算を着服していることを暴露した。二人は逮捕された。--正太郎は裏山の分教場へ異動を命じられた。大学を出た県会議長の甥が赴任して来ることになったためだ。出発の朝、村人が日の丸の小旗をもって集落の外れの道に並んでいた。が、それは新任の校長を迎えるための人たちだった。晴れた高原を、親子三人は引越し荷物とともに牛車に揺られていった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。