日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

危険なラブレター
キケンナラブレター

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年05月26日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
48分  

「二等兵物語 万事要領の巻」の安田重夫と、元持栄のシナリオを、「弥次喜多民謡道中 奥州街道の巻」のコンビ的井邦雄が監督し、石本秀雄が撮影した人情喜劇。

スタッフ

製作
島津清
企画
小倉浩一郎
脚本
安田重夫元持栄
監督
的井邦雄
撮影
石本秀雄
音楽
鏑木創
美術
川村芳夫
照明
山本行雄
録音
三輪三郎
編集
相良久

ストーリー

平和な湖畔の町で郵便集配人をやっている浅田花太郎は、一人娘菜美江と二人で暮していた。菜美江が町の大衆食堂ダイヤモンド軒の一人息子一夫と恋仲になった。だが、一夫を養子にもらおうとした花太郎は、しっかり者のダイヤモンド軒女主人お敏と言葉の行きちがいから大喧嘩となった。そんな時、同じ町の旅館雁の家の息子で、町一番の競艇選手である謙三のもとに、彼に惚れた東京の踊り子ベニ子がやってきた。だが頑固者の雁の家の俊吉は、グラマースタイルのベニ子を見て二人の結婚に猛烈に反対した。ベニ子はダイヤモンド軒に住みこんで、持久態勢に入ることになった。そんな騒ぎのうちに、町の呼びもの競艇レースの日が近づいてきた。町のボス大虎甚八が、謙三に八百長レースを強要してきた。その頃、あくまで一夫と結婚するという菜美江に業をにやした花太郎は、彼女を謙三と結婚させると命令した。これを知ったベニ子は、怒って町中の男全部にラブレターを出して騒ぎを起した。びっくりした謙三は、競艇が終りしだい、ベニ子と結婚することを約束した。やがてレースの当日がやってきた。大虎一味はベニ子を監禁して謙三に八百長を強いた。注目のレースが始まった。その時、菜美江と一夫が、大虎一味からベニ子を救い出しにやってきた。花太郎と中村老巡査もやってきて、大虎の一味は逮捕された。謙三はレースに勝ってベニ子と結ばれ、花太郎も菜美江と一夫の結婚を許した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。