日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

旗本退屈男 謎の大文字
ハタモトタイクツオトコナゾノオオモジ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年06月28日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Mysterious Fire  
上映時間
109分  

佐々木味津三の原作を、「たつまき奉行」の鈴木兵吾が脚色し、「おしどり道中」の佐々木康が監督した、おなじみ旗本退屈男シリーズの一篇。撮影は「ふたり若獅子」の松井鴻。

スタッフ

企画
坂巻辰男田口直也
原作
佐々木味津三
脚色
鈴木兵吾
監督
佐々木康
撮影
松井鴻
音楽
万城目正
美術
川島泰三
照明
山根秀一
録音
佐々木稔郎
編集
宮本信太郎

ストーリー

三日月傷の旗本退屈男、早乙女主水之介は、彼をとりまく木場の彦六、肘鉄おきん、上総生れの武骨侍堺田五郎衛門らとともに謎の解明にのり出した。薩摩藩主島津少将忠恒の屋敷を尋ねて入洛した息女霧姫と侍女小篠が、家中の侍に追われて誠忠の士である家老島津豊後のもとに監禁された謎。島津公が屋敷に姿を見せず、島津家菩提寺紫野の正徳院で、右大臣姉小路通季卿が遭難した謎。しかも島津公は正徳院にひそんでいるとの噂である。正徳院の瓦がすべて鉛で作ってあるのを知り、皇居の天守閣と寺院の僧兵の間に信号がかわされているのを見た退屈男は、事の重大さを悟った。怪人物達に襲われた霧姫を救った退屈男は、姫を侍女とともに農家に隠した。そこにやってきた島津藩士笠貫新八の口から、所司代内藤大和守が島津公を抱きこんで、徳川への謀反をたくらんでいることが解った。密貿易の罪をおかして幕府よりの処罰を恐れた大和守が、島津家先祖による軍備のためのたくわえをいいがかりに、自分の謀反への加担を島津公に迫っていたのである。父を心配する姫と、主君を案ずる笠貫の心にうたれた退屈男は、わざと自分を笠貫に捕えさせて、所司代家敷の座敷牢に虜われの身となった。遂に謀反の日の朝がきた。一味は僧兵を従え、島津の精鋭を先頭にたて、武断派の堂上人を加えて、帝を薩摩に奉じて事を起そうとする挙に出た。この時、かねて座敷牢で様子をうかがっていた退屈男は、たちまち破牢して謀反の一味を追い、進撃しようとする軍勢の前に立ちふさがった。島津公を前にして、早乙女主水介は、所司代内藤大和守のたくらみをあばいた。島津公を説得した退屈男は、帝のお駕籠にかわりにのりこんで、大和守の軍勢と僧兵たちの前に現れ、一味の陰謀をはばみ、大活躍のすえ、これを未然に防ぎとめた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。