日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

銀座のお姐ちゃん
ギンザノオネエチャン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年07月14日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
Three Dolls in Ginza  
上映時間
97分  

「大学のお姐ちゃん」に続くお姐ちゃんシリーズの第二作。「野獣死すべし(1959)」の白坂依志夫の脚本を、前作「大学のお姐ちゃん」の杉江敏男が再び監督し、「潜水艦イ-57降伏せず」の完倉泰一が撮影した。

スタッフ

製作
藤本真澄
脚本
白坂依志夫
監督
杉江敏男
撮影
完倉泰一
音楽
神津善行
美術
河東安英
照明
森弘充
録音
刀根紀雄

ストーリー

パンチ、ピンチ、センチという愛称のある涼子・園江・季里子は友人同士だ。パンチは銀座にある週刊誌「ラッキー」の編集部に勤めている。ピンチはアポロ製薬社長の一人娘だ。センチは踊りのうまいファッションモデル。「ラッキー」がロカビリーの特集をすることになり、三人はロカビリー・マダムの久我摩耶を訪れた。ここでセンチの売込みは成功し、彼女はクラブ「ロリータ」の舞台に立つことになった。センチにはまた、漫画を描いている瓜生という恋人がいた。彼女は彼の漫画を「ラッキー」に掲載して貰うことにも成功した。パンチは、やもめ暮しのロマグレ社長と知り合い、やがて結婚しようと決心した。ところが、この社長がピンチの父・長島佐平であったから複雑だ。まだ、ピンチもパンチも佐平もこのことに気づいていない。ピンチは自らも合気道をやっているが、タフガイを渇望している。彼女が与太者を投げ飛ばしたのを見て、ロカビリーの三郎が感歎した。「ロリータ」でピンチが他人と踊っているのに我慢が出来なくなった三郎は、ピンチの横面を張った。これこそ待望のタフガイだ、彼女はたちまち恋に突入したのである。パンチ、ピンチ、センチの三人が「ロリータ」で顔を合せた。パンチをクドいているロマグレ社長がピンチの父であることが分った。ピンチのプライドが許さない。昨日までの友人を、明日はお母さんと呼ばねばならぬなんて真平ご免だ。パンチにしたって同様だ。浴びるようにウィスキーを飲み、合気道の強いピンチを娘と呼ぶなんて敬遠する。パンチは思い出す。「ラッキー」の特集で原子物理学者の助教授・田村に会い、のぼせたのだが、ピンチの出しゃばりが田村との仲を割いたのだ。惜しいことをしてしまった。しかし、三人三様、若くていきがよくって美貌だ。これからも、彼女らにのぼせあがり、痛手をうける男たちも多いことだろう。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。