日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

四谷怪談(1959)
ヨツヤカイダン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年07月01日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
84分  

「千羽鶴秘帖」のコンビ八尋不二が脚本を書き、三隅研次が監督したおなじみの怪談もの。撮影は「山田長政 王者の剣」の牧田行正。

スタッフ

製作
三浦信夫
企画
辻久一
脚本
八尋不二
監督
三隅研次
撮影
牧田行正
音楽
鈴木静一
美術
太田誠一
照明
伊藤貞一
録音
大谷巖

ストーリー

小普請組民谷伊右衛門は内職でやっと生活していた。女房お岩は叔父に夫の役付の運動を頼んだ。伊右衛門には秋山と関口という悪友がいた。伊右衛門は作事方組頭伊藤喜兵衛を訪ねた。進物が少いと侮蔑された。帰途、ヤケ酒を飲んだ。悪旗本にからまれた武家娘と乳母を救った。そのまま立去った。--お岩の妹お袖は浅草寺の楊弓店で働いていた。恋人の与茂七と世帯を持つのを楽しみに。秋山の仲間直助権兵衛は彼女に目をつけた。--伊右衛門の心は次第にすさんだ。お岩にもつらくあたった。下僕の小平が彼女をいたわった。直助が秋山の使いとしてき、伊右衛門を茶屋の一室に導いた。先日の武家娘と乳母が待っていた。娘は喜兵衛の娘お梅だった。陰で、秋山らがホクソ笑んでいた。いい金ヅルができた。--お梅は父に伊右衛門と会わせてくれと頼んだ。命がけだった。直助が二挺の駕籠を案内してきた。お梅が迎えにきたのだ。喜兵衛は伊右衛門を愛想よく遇した。恥じらいながらも、お梅は彼に迫った。--お岩は身体をこわした。流産の後の不養生のせいだ。高価な薬が必要だった。秋山らは何とかお梅と伊右衛門を結びつけたかった。お岩を、小平との不義を理由に離別させよう。小平は秋山らから折檻され、惨殺されてしまう。--直助が伊右衛門からのことずけと、お岩に薬をとどけた。すぐさまそれをのんだ時、お岩の身体に激痛が走った。鏡に、無惨に変った顔がうつる。髪をすくと、ばさりと抜け落ちた。秋山が訪れてき、伊右衛門がお梅と縁組することになったといった。お岩は秋山の脅しの刀にひるまなかった。秋山は白刃を柱にさしたまま逃げ去った。夫が帰ってき、彼女の密通をののしった。お岩は逆上し、夫に迫った。そのハズミに、秋山の残した刀がノドに突きささった。お岩は絶命した。秋山らはお岩と小平の死体を不義者として隠亡堀に流した。--伊右衛門はお梅と式を挙げた。その夜、お梅の顔がお岩のそれに見えた。伊右衛門は思わず斬りつけた。お梅が血をふいて倒れた。--お袖は直助から真相をききだした。それを伊右衛門がきき、直助の首を斬り捨てた。秋山らをも次々に斬った。捕手が囲んだ。“お岩、許せ。恨みは晴れたか”彼は絶叫すると、自決したのだ。虚空で、お岩のまぼろしが微笑しながら彼の霊をさし招いたという。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。