日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

父と娘
チチトムスメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年07月07日 
製作会社
東映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Father and Daughter  
上映時間
72分  

壺井栄の『風と波と』を「新婚列車」の斎藤良輔が脚色し「白い通り魔」の小石栄一が監督したホーム・ドラマ。撮影も「白い通り魔」の三村明。

スタッフ

企画
岡田寿之原伸光
原作
壷井栄
脚色
斎藤良輔
監督
小石栄一
撮影
三村明
音楽
斎藤一郎
美術
藤田博
照明
元持秀雄
録音
岩田広一
編集
長沢嘉樹

ストーリー

南川波子は十九歳、伯父の寅象、伯母のあきが養父母にあたる。実の親は、熊谷で小さな商店を開いているという。そんな生立ちの波子だが、彼女は明るい性格の娘だ。波子は、あきの勧める見合いを断り、実姉・澄子の下宿をたずねた。同じ下宿人の掛川は小さな会社の課長をしてい、波子を事務員に使ってくれると言った。寅象が賛成してくれたので、波子は勤めることにした。同僚は小児マヒで陰気な定子と、陽気でおしゃべりな美千代の二人。美千代は波子に、掛川は定子が障害者で掛川を愛しているという弱身につけこんで、定子の自由を踏みにじっている悪党であると言った。会社の旅行が箱根に決まった。旅館は波子が以前行ったことのある松風園だ。その晩、波子は発熱した。女中のお精さんが看護してくれた。寅象も駈けつけた。寅象はお精さんと、意外なほど親しかった。--給料日、波子は定子をお茶に誘った。波子は、自分と掛川の間を定子が誤解していたことを知った。掛川夫人・明子の許へ、波子と掛川のスキャンダルを中傷した手紙が舞いこんだ。明子は家出した。波子は耐えられなかった。波子は熊谷へ向った。生みの父と母は、寅象とあきに気をつかっていた。波子は東京に戻り、親友の昌子の家に泊った。昌子の家は旅館だった。そこに、掛川と美千代が同宿していたのである。スキャンダルをまいた主は、美千代だった。波子は会社をやめ、家へ帰った。父急病の電報が来た。寅象の出張先箱根へ着いた時、すでに寅象は意識不明だった。彼は松風園で息を引きとった。附添っていたお精さんが、寅象はたびたび箱根にきていたと言った。が、寅象の秘密の人はお精さんではない。シイちゃんという芸者だった。波子は複雑な気持を抱き、あきにそのことを伝えた。しかし、あきは知っていた。あきは寅象を信じて疑わない。シイちゃんは、寅象の昔の友人の娘で、その友人が寝たきりなので、会って慰めていたというのだ。あきの話は淡々としていた。波子もそれを信じようと思った。彼女はいくらか大人になったのにちがいない。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。