日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

怪談一つ目地蔵
カイダンヒトツメジゾウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年07月14日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Ghost from the Pond  
上映時間
66分  

「ふたり若獅子」のコンビ・村松道平と深田金之助がそれぞれ脚本と監督を担当した、お盆用お化け映画。撮影は「唄ごよみ出世双六」の杉田正二。

スタッフ

企画
植木源次朗
脚本
村松道平
監督
深田金之助
撮影
杉田正二
音楽
高橋半
美術
井川徳道
照明
和多田弘
録音
安田俊一
編集
宮本信太郎

ストーリー

泥棒伝蔵は仕事の足手まといと、赤ん坊お浪を古池のほとりの一つ目地蔵のそばに捨てた。間柄家に忍び入ったが、少年京之介にきり殺された。相棒の重五郎は彼を見捨て千両箱を持って逃げた。途中、捨てたお浪を殺そうとした。その時、地蔵の眼が光ったという。思わずアイクチをとり落し、お浪の頬を傷つけただけだった。--二十年たつ。御家人間柄京之助は水芸師小浪太夫に通いつめた。お浪は通りがかった亀之助一座に拾われたのだ。いつか京之助に心を燃していた。遊び人の伊助が仲をとり持った。お高祖頭巾で頬の傷をかくして、逢った。父の命を奪った男とは夢にも知らなかった。京之助は金に困ってきた。お浪に小遣をねだり始めた。伊助は中にたって、お浪から親の片身のかんざしまで取りあげた。京之助は悪浪人にからまれた町娘を助けてやった。質商伊勢屋重五郎の一人娘お絹。伊助は小金かせぎに情婦のおたきと、京之助とお絹を結びつけようとした。京之助はお浪のみにくい傷を知った。伊助の口車に乗り、お絹にのりかえた。色と欲だ。伊助はお浪を連れだし、きり殺し、古池へ突き落した。お浪は恨みの言葉を残して水中へ没した。その夜、京之助とお絹は螢狩りに古池へ行った。水面にすさまじいお浪の顔が現れ、お絹は卒倒した。お浪のかんざしはお絹の頭に飾られていたが、鏡に映すと顔の半面が血に染った。重五郎はかんざしから二十年前を思い出し伊助に持たせ寺で供養させた。が、お浪の怨霊は、伊助を動かし、おたきをかんざしで殺させ更に伊助を水芸一座の廻り舞台の綱でしめ殺す。重五郎は血だらけの伝蔵に呪われ、穴倉の千両箱の下敷になって死ぬ。京之助がお絹を抱くと、首がお浪に変った。逃げる拍子にカヤに火がついた。京之助はお浪の導くままに追っていった。遂に古池に姿を消した。--お絹は地蔵に祈るほかなかった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。