日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

暴風圏
ボウフウケン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年07月26日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
98分  

「東京の孤独」の共同執筆者・松浦健郎と渡辺邦男の脚本を、「荒海に挑む男一匹 紀の国屋文左衛門」のコンビ渡辺邦男が監督し、渡辺孝が撮影したメロドラマ。

スタッフ

製作
武田一義
企画
中代富士男
原案
手塚邦夫
脚本
松浦健郎渡辺邦男
監督
渡辺邦男
撮影
渡辺孝
音楽
山田栄一
美術
高橋康一
照明
米山勇
録音
西井憲一

ストーリー

新島運輸の社長新島英介が急死した。経営内容の悪さにつけ込んで会社乗取りを図る重役達の企みで英介の一人娘美沙が新社長に選ばれた。若い美沙は秘書の田代隆司、植草マリの助けを得て見事な社長ぶりだった。しかし美沙の苦労のかいもなく経理内容は依然悪く、山口営業部長の報告も悪化する一方だった。田代の姉静江は死んだ前社長と恋仲であった。山口の背後には会社乗取りを企む藤川がいた。藤川は会社の株を買い占め、その上会社が発行した六千万円の手形の決済を迫って美沙を窮地に追い込んだ。手形の期日は五日しかなかった。藤川は会社ともども美貌の女社長も手に入れたかった。田代の姉静江の助言で前社長の親友甘利川建設の植野専務に金融を依頼した。植野は重役会にかけねば融資出来ないと言った。手形の期日は二、三日後に追っていた。その頃外は嵐であった。中心風速八十米の大暴風が本土に迫っていた。甘利川建設で建設中のダムは完成を目前に控えて台風の進路にさらされていた。現地ではダムの上流の山肌から六十トンの岩がせり出していて、これを処理しないとダムは破壊される恐れがあった。爆破用のダイナマイトはもうなかった。甘利川本社では至急ダイナマイトの輸送を決意したが、この嵐の中でどの運輸会社も断った。田代が輸送を引受けた。植野も感激して融資を承諾した。美沙も田代に同行することになった。嵐は迫って来た。田代の運転するトラックと、同僚小坂のトラックは嵐の中を出発した。このことを知った藤川は自ら車をかって田代達のトラックを追った。会社乗取りのためにはトラックを妨害せねばならなかった。ダムの難所にかかった時、先行していた小坂のトラックが下の河原に転落した。田代は美沙を車に残して救出に出た。小坂の傷はわずかだったがエンジンから出た火がダイナマイトに迫っていた。爆発寸前に小坂は救われた。その時美沙をタテにした藤川のピストルが田代の眼前に現れた。嵐の中で二人はたたかった。間もなく藤川を倒した田代の運転でダイナマイトを積んだトラックが工場現場についた。ダイナマイトは間に合った。新島運輸も救われた。田代と美沙の間はダムよりも早く完成しそうであった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。