日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

頑張れゴキゲン娘
ガンバレゴキゲンムスメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年08月04日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
60分  

「潜水艦イ-57降伏せず」の共同執筆者、須崎勝弥の脚本を新人古沢憲吾が監督したコメディ。撮影は「コタンの口笛」の玉井正夫。

スタッフ

製作
安達英三郎
脚本
須崎勝弥
監督
古沢憲吾
撮影
玉井正夫
音楽
佐藤勝
美術
清水多加志
照明
石川緑郎
録音
保坂有明

ストーリー

秀子は洋裁店に勤めている貧しい駄菓子屋の娘だ。彼女の夢は、陳列されている衣裳で着飾ってみることだった。この夢が偶然実現されることになった。令嬢大河原ゆかりの注文したドレスが、仕上ったまま秀子の許に預けられたのである。仕立直しを言いつけたのだ。秀子はそれを着てみた。--ゆかりは父と北海道へ飛び立った。それぞれ浮気の相手をつれて。留守中ゆかりの母もまた若い男を連れて出かけた。運転手の山川は、口封じ料を各々からタップリ貰った。最新型のキャデラックを運転する山川と、豪華なドレスをまとった秀子がレストランで背中合せに腰を下ろしていた。二人は口をきき合うようになった秀子は社長令嬢、山川は実業家の御曹子だと名乗った。山川は秀子を送ると言い出した。秀子はホテルの玄関へ乗りつけた。山川と別れると、化粧室で着換えをすませた。翌日、二人は海へ出かけた。秀子は指輪を落した。二百円也の代物だったが。指輪を探し出した山川は、秀子を抱いた。秀子は山川の家へ連れて行ってくれと頼んだ。山川は大河原邸の女中たちを買収して自分が若主人のように振舞った。が、翌日一切はバレた。外苑にパークしていた山川の車が、ゆかりの母の目に触れたからだ。山川も秀子も、クビになったが、二人の愛には変りなかった。山川は流しの運転手となった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。