日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ここに男あり
ココニオトコアリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年08月09日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

東京タイムスに連載された村崎守毅の原作を、椎名利夫・光畑頭郎・中村定郎が共同で脚色し「続々禁男の砂 赤いパンツ」の岩間鶴夫が監督した明朗篇。撮影も同じく「続々禁男の砂 赤いパンツ」の小杉正雄。

スタッフ

製作
植野哲雄
原作
村崎守毅
脚色
椎名利夫光畑碩郎中村定郎
監督
岩間鶴夫
撮影
小杉正雄
音楽
加藤三雄
美術
梅田千代夫
照明
高下亨三
録音
小尾幸魚

ストーリー

大学を終えた竜太郎は、舞踊の師匠をしている伯母のたきを頼って、信州の山の中から上京して来た。話の最中に、たきの姪で竜太郎とは幼馴染の千恵子が新聞を持って飛びこんで来た。新聞には、夜行列車で竜太郎が香葉子らの登山帰りのグループを襲った列車強盗を相手に格闘、強盗七人を捕えた記事が出ていた。この事が縁となり、竜太郎は香葉子の父松島社長の経営する精機会社に勤めることになった。発送部だった。タイピストのキヨ子が早速花嫁に立候補した。香葉子が訪れ、竜太郎を箱根に連れ出した。ホテルには、太陽建設の松林専務と高田組の組長高田がいた。松林は香葉子に執心していた。香葉子は風呂の木札を“家族風呂”にかけかえ、竜太郎と入浴していたように見せかけた。これを松林から聞いた松島社長は竜太郎を呼びつけた。竜太郎は自ら辞めた。一昨日歓迎会が開かれたおでん屋で、今度は送別会が開かれた。チンピラが酔ってなだれこんだが、竜太郎にノサれた。竜太郎は岸田係長を送った。岸田から長女がヤクザに引張りこまれグレてしまったことを聞かされた。その長女万里子は高田の情婦になってバーを経営していた。その一室では、高田と松林が松島の会社を乗取る計画を練っていた。松島社長は香葉子から話を聞き、竜太郎のクビはつながった。が、今後一切喧嘩をしないことを誓わされた。ある夜、箱根の山道で輸出品の精機を満載したトラックが谷底へ転落した。松林、高田の仕かけた策謀だった。岸田が死んだ。竜太郎は万里子をたずね、真人間にかえるよう諭した。竜太郎は差出人不明の手紙を受取った。“今夜十時、第二工場裏で”と女文字で書かれてあった。手紙の主を万里子と知った竜太郎は、高田に会うためバーを訪れた。高田は背後から彼を襲い、倉庫に監禁した。竜太郎の危機を救ったのは、すでに警察に彼らの犯行を通報した万里子だった。暴力団は逮捕された。竜太郎は約束を破ったからと、辞表を松島社長の許にとどけた。松島は香葉子に、故郷へ向う竜太郎を追うよう命じた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。