日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

若い恋人たち(1959)
ワカイコイビトタチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年10月06日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
The Young Lovers  
上映時間
94分  

「森の石松幽霊道中」の笠原良三のオリジナル・シナリオを、「狐と狸」の千葉泰樹が久しぶりに手がけた青春映画。「大学の28人衆」の西垣六郎が撮影した。

スタッフ

製作
藤本真澄
脚本
笠原良三
監督
千葉泰樹
撮影
西垣六郎
音楽
黛敏郎
美術
河東安英
照明
金子光男
録音
小沼渡

ストーリー

光学会社の青年技師野崎修一と銀座の酒場エストワールの女給和代は相愛の仲だった。だが母と高校生の弟明夫に仕送りしている和代は結婚をしぶっていた。修一の妹紀子は伯父の堂島社長の秘書をしていたが、ある日会社に絵を売りつけにきた風変りな青年秋元を見て、変にひかれるものを覚えた。堂島の推薦する石油王の令嬢恵美子との結婚を父で自分の会社の社長である清吾に迫られた修一は、ある日家を飛び出した。そして和代とアパートに同棲し、箱根に新婚旅行に出かけてしまった。母あや子の命令でアパートに偵察に出かけた紀子は、そのアパートに住む秋元と再会した。別の日、あや子と連れだって修一のアパートに行く途中、紀子は道路工夫のアルバイトをやっている秋元に会って感激した。あや子と会っても、和代は決して修一と別れないと主張した。暇のなくなった和代は夕食の支度もしないで酒場に出かけていった。もどってきた修一は、修学旅行のお金をもらいにきた明夫に金を与えた後、同僚中川と会ってエストワールに出かけた。だがマダムの悦子は、和代の夫が酒場にやってくるのにいい顔はしなかった。その夜、和代が帰宅した後、泥酔してアパートに帰った修一は、明くる日も酒を飲みに出かけた。母に生活費をとどけた和代は、女給商売を歎いたが、自分の留守中明夫に修一が金を与えたのを知って心をうたれた。堂島社長は和代のことを知って、彼女を秘かに観察した。それを知らせにいった紀子は、絵のでき上った秋元に接吻された。その夜、修一は和代を店に迎えにいった。しかし和代は、重役土居の車で帰った後だった。後を追った修一は、和代を口説いている土居をなぐりつけた。これで和代は堂島のテストに合格した。土居は堂島のさし向けたテスト係だったのだ。やがて紀子も秋元と結ばれるだろう。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。