日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

べらんめえ探偵娘
ベランメエタンテイムスメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年09月23日 
製作会社
東映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

「ひばりの花形探偵合戦」の姉妹篇で、ひばりが江戸っ子探偵に扮して活躍する娯楽映画。「いろは若衆 花駕篭峠」のコンビ笠原良三と笠原和夫の脚本を、「埠頭の縄張り」の佐伯清が監督し、「月光仮面 悪魔の最後」の西川庄衛が撮影した。

スタッフ

企画
原伸光
脚本
笠原良三笠原和夫
監督
佐伯清
撮影
西川庄衛
音楽
米山正夫
美術
進藤誠吾
照明
川崎保之丞
録音
加瀬寿士
編集
長沢嘉樹

ストーリー

共立探偵社の女探偵恵美子は、料亭「川村」の娘芳子の身上調査のため、女中に扮して「川村」へもぐりこんだ。ある夜、芳子は恵美子を誘って町へ出た。芳子はヌードスタジオに入った。トレンチコートを着た男が出没した。何者か。この男英介は恵美子のアパートまでもさぐり始めた。芳子の周囲から手を引けと命令して去った。恵美子は、芳子が「川村」の主人の隠し子であることを知った。そして、芳子の誕生の秘密は実母の妹芸者であったという小吉がよく知っていると聞かされた。その小吉が殺されたのだ。--恵美子は、芳子のボーイフレンド一郎に会った。一郎の話によると、芳子は実母に会いたいため小吉を訪れていたが、却って小吉に利用され金銭をまきあげられていたという。一郎と恵美子は、芳子の実母が経営するホテル「山水閣」へ向った。実母のとめは入院中だった。支配人和久沢の様子がおかしかった。院長の話によると、とめの作った遺言は全財産を芳子に贈るということだった。病室で奇怪な音がし、とめが死んでいた。英介が現われた。彼も私立探偵だった。芳子が行方不明になった。恵美子と一郎は、和久沢の仕業と睨んだ。クラブ“城”のショーに出演し、これを探ろうとしたが、見破られ閉じこめられた。しかし、売店の宏子の気転で二人は救われた。同じ頃、芳子を乗せた自動車が走っていた。英介の車がこれを追跡する。乱戦の末、芳子は助け出された。遺産をめぐる事件で、首領は周東という男だった。彼らは、とめ亡き後の経営管理に当る披露パーティを開いていた。恵美子は芸者に扮して乗りこんだ。やがて、仮装の面を取って、一味の悪をあばいた。英介や一郎らが協力し、一味は捕えられた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。