日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

暁の地平線
アカツキノチヘイセン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年09月20日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Showdown at Dawn  
上映時間
92分  

柴田錬三郎の『仁義と海賊』の映画化で、正統派ヤクザと新興派ヤクザの対立を描いたアクション・ドラマ。馬場当、桜井秀雄、山田洋次が共同で脚色、「ハイ・ティーン」の井上和男が監督した。撮影は「ふるさとの風」の森田俊保。

スタッフ

製作
佐々木孟
原作
柴田錬三郎
脚色
馬場当桜井秀雄山田洋次
監督
井上和男
撮影
森田俊保
音楽
黛敏郎
美術
逆井清一郎
照明
須藤清治
録音
栗田周十郎
編集
浜村義康

ストーリー

東京の下町を根城とする曽我一家は、紋十郎を親分とする紋十郎組と、磯五郎を親分とする五郎組とに分れていた。大川添いの料亭で、紋十郎の勧進元による賭博が開かれた。中盆をつとめたのは、紋十郎の乾分山辰である。突然、カービン銃を手にした覆面の男三人が押入り、三百万円を奪って逃走した--山辰は曽我和夫をたずねた。和夫は紋十郎の息子だったが、ヤクザを嫌いサラリーマンになっていた。山辰は、和夫に乗り出してくれるよう頼んだ。が、和夫は断った。紋十郎は磯五郎に金を借りようとした。しかし、磯五郎は担保の代りに、十八人衆賭博を預らしてくれという条件を出し、さらに紋十郎の娘・艶子を乾分の嫁にしたいと言った。紋十郎は世話にならないと言って帰った。そして、三百万円の責を負って割腹した。葬儀の日、山辰は会葬客の靴の中に、カービン銃の男がはいていた三日月型の傷のある靴を見つけた。しかし、その靴はいつのまにか消えていた。山辰は磯五郎から借りた三百万円を持って、被害を受けた旦那衆に返して歩いた。それを受取った花火屋の旦那は意外なことを語った。返して貰った札が、盗られた札と同じ番号だというのだ。山辰は磯五郎を詰問した。磯五郎は「俺じゃねえ、中国人を洗ってみな」と言った。山辰は中国人の李長順を張込んだ。彼を尾行していくと、和夫が現われ、李の入った喫茶店に入って行った。二人は裏二階で密談しているらしい様子だ。その後、その喫茶店に張込んでいた山辰は、逆に和夫や李に捕えられた。和夫は李は犯人でないと言い、今夜まで待てと言いふくめた。和夫がアパートに帰ると、恋人のミサ子が磯五郎一味の自動車からふり落されるという事件が起きていた。妊娠していたミサ子は、流産した。山辰は、和夫から彼自身の持つ意外な秘密を打ちあけられた--。(結末は、要請により発表できませんからご了承願います)

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。