日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

恋山彦
コイヤマヒコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年09月20日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

吉川英治の原作を、「榛名ばやし 喧嘩鷹」の比佐芳武と「怪談一つ目地蔵」の村松道平が共同で脚色、「たつまき奉行」のマキノ雅弘が監督したもので、橋蔵が二役で活躍する娯楽時代劇。撮影・吉田貞次。

スタッフ

企画
中村有隣
原作
吉川英治
脚色
比佐芳武村松道平
監督
マキノ雅弘
撮影
吉田貞次
音楽
鈴木静一
美術
川島泰三
照明
安田与一
録音
石原貞光
編集
宮本信太郎

ストーリー

五代将軍徳川綱吉の世。綱吉は年若く、天下の実権は大老柳沢吉保に握られていた。そのころ、伊那・虚空蔵山の頂きに伊那平家村と呼ばれ、壇之浦の戦いに敗れた伊那宗則を祖とする一族があった。一族の首領・小源太が館に迎え入れた娘はお品である。彼女の父は、吉保の愛妾おさめの方に名器「山彦」を所望され、それを断わったために不慮の最後をとげたという。朝敵を討つ機会を待っていた伊那平氏は、この話を聞きその鋒先を吉保に向けた。小源太は江戸に入り、綱吉・吉保と対決した。しかし、一族三名の命を失い、自らは江戸城の堀の水に身を投じた。平家村も軍勢に攻められ潰滅、「山彦」も奪われた。お品は江戸に向った。小源太は画師・英一蝶に救われていた。一蝶の親友の無二斎は、小源太と瓜二つだった。小源太と思い勢いかかる捕手に「汝ら今日の語り草に、伊那の禅司小源太が最後を見よや」と叫び腹に刀を立てた。無二斎の最後を知り、お品からは平家村の全滅をきいて、小源太の心は暗かった。と、朗報が舞いこんだ。お品の亡父の友人紀の国屋文左衛門の計らいで、柳沢邸祝宴の場に乗りこめることになったのだ。その日、柳沢邸は小源太の死を祝っていた。やがて、文左衛門奉納の宝生流能舞台となった。能面をはいだ小源太が吉保に迫り、狼狽する吉保を斬った。小源太は一族の仇を、お品は父の仇を討つことができた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。