日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

総会屋錦城 勝負師とその娘
ソウカイヤキンジョウショウブシトソノムスメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年11月10日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
110分  

城山三郎の直木賞受賞作品の映画化。「埠頭の縄張り」の井手雅人が脚色し、「花の大障碍」のコンビ島耕二が監督し、小原譲治が撮影した。

スタッフ

製作
武田一義
企画
塚口一雄
原作
城山三郎
脚色
井手雅人
監督
島耕二
撮影
小原譲治
音楽
大森盛太郎
美術
仲美喜雄
照明
久保田行一
録音
長谷川光雄

ストーリー

内藤錦城の一人娘、美和子は子の健三を連れて稼ぎ先の芦屋から東京の父の許へ帰って来た。嫁いだ芦屋の家で待っていたのは、「総会屋の娘」という軽蔑感と、莫大な持参金でしかなかったのだ。しかし、錦城は美和子を芦屋に帰そうとした。美和子には大阪に愛人がいた。錦城はこれを知ると怒った。錦城は、明治の大財閥某が四国に遊んだ折のたわむれから生れた子だった。彼は父の名も顔も知らず、十歳の時には里子に出された。その時から権力にはむかう反骨の精神がめばえた。錦城は大会社の運命を自由に操る総会屋の中の大物と呼ばれるに至った。--大洋銀行の株主である総会屋扇山富郎は、銀行乗っ取りを策し総会屋たちを次々に買収していた。驚いた大村頭取は、重役会議を開いて錦城の出馬を乞うた。が、錦城は病に倒れており、美和子の問題もあって起ち上ろうとしなかった。錦城に仕える一人の青年がいた。間宮といい、浮浪児だったが錦城に救われ大学まで出して貰った。美和子を好きだった。美和子は間宮に五百万円の金を無心した。間宮はその金策の手段として、大村頭取に錦城の出馬に努力することを約した。美和子の金策が大洋銀行からのものであることを知った錦城は落胆し、大村の申入れを承諾した。打合せの夜、料亭で錦城は扇山の息子兄弟に襲われた。入院した錦城の容態は、一進一退だった。株主総会、錦城の熱弁は扇山一派を敗退させた。「総会屋錦城はわし一代で終りだ。これからの若いものにはやってもらいたくないな」その夜、錦城はしみじみ間宮に言った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。