日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

血槍無双
チヤリムソウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年11月01日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
99分  

俵星玄蕃と赤穂浪士杉野十平次の友情を描いた娯楽時代劇で「水戸黄門 天下の副将軍」の小国英雄の脚本を、「大岡政談 千鳥の印篭」のコンビ佐々木康が監督し、三木滋人が撮影した。

スタッフ

企画
玉木潤一郎中村有隣
脚本
小国英雄
監督
佐々木康
撮影
三木滋人
音楽
鈴木静一
美術
桂長四郎
照明
山根秀一
録音
佐々木稔郎
編集
宮本信太郎

ストーリー

浅野内匠頭長矩は吉良上野介に刃傷に及び、身は切腹、お家は断絶となった。元城代家老大石内蔵助以下の赤穂浪士は、吉良邸の様子をさぐり討入りの機をうかがっていた。松坂町界隈にお目見えした夜鳴そば屋の平次もその一人だ。赤穂浪士杉野十平次次房である。ある夜、無辺流槍術指南の看板をかかげろ俵星玄蕃に呼びとめられた。玄蕃の娘・妙は美しかった。三人の交情が始った。料亭の女将で吉良の思い者であるお蘭が、十平次に一目惚れした。それを聞いた赤穂の一党は、十平次にその愛にこたえるよう命じた。十平次は悲しかった。未熟な武芸ゆえだ。翌日から十平次は玄蕃に立ち向った。次第に腕を上げていった。十平次の真剣さに、玄蕃は彼の仇討ちの望みを見破っていた。ある日の道場、玄蕃の槍先は不断のそれではなかった。畳に突き刺った槍先が一瞬舞って、次から次へと槍先に畳が飛ぶ。無辺流畳返しだ。屋内に踏みこんだ際の戦い方を伝授したのである。お蘭も十平次には勝てなかった。吉良を裏切り、吉良の動静を洩らした。元禄十五年十二月十四日、朝からの大雪。山鹿流の陣太鼓が響いた。十平次の活躍はひときわめざましかった。飛ぶ畳、舞う畳、玄蕃の槍は十平次に生きたのだ。そして十平次の額には妙の簪があった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。