日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

べらんめえ芸者
ベランメエゲイシャ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年12月06日 
製作会社
東映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

美空ひばりのべらんめえシリーズの第三作。「いろは若衆 花駕篭峠」のコンビ笠原良三と笠原和夫の脚本を、「ふたりの休日」の小石栄一が監督し、「べらんめえ探偵娘」の西川庄衛が撮影した。

スタッフ

企画
原伸光
脚本
笠原良三笠原和夫
監督
小石栄一
撮影
西川庄衛
音楽
米山正夫
美術
藤田博
照明
吉田一一
録音
広上庄三
編集
祖田富美夫

ストーリー

小春姐さんの親父政五郎は大工の棟梁で昔気質の頑固者である。その政五郎に弟子入りしたいというのが大学出のインテリ健一だ。平和建設社長竹田熊吉の一人息子だが、国際建築博覧会に出品する茶室の設計図の件で、親父と衝突し家を飛出したのである。健一と小春は宴会の席での顔なじみだった。が、政五郎と熊吉はかつての大工仲間だったのだ。政五郎は健一の弟子入りをはねつけた。というのは、以前、小春が呉服商太市郎の息子正雄を預るという条件で、政五郎を平和建設に太市郎を通して就職の依頼をしたのだ。社長風を吹かせる熊吉の態度に政五郎はカンカンだった。しかし、健一はかまわず政五郎の家に居すわった。健一はよく働き、政五郎に気に入られるようになった。小春は健一が好きになったようだ。が、熊吉は小春に健一には関係のあった女がいると言った。小春はうっかりそれを信じ、健一を家から追い出した。--政五郎の作った茶室の雛型が評判になり、ニューヨークの展示会に本建築で出すことに決まった。しかし、設計図を政五郎が宝建設の請負土建業者白木に貸してしまい、その上何者かの手によって雛型が壊されるという事態が持上った。平和建設の競争相手の宝建設があやしい。小春、健一、政五郎らが社長の千田に詰めよっているところへ、刑事が踏みこんだ。破壊作業を宝建設から強制された一人が、自首したのである。これを機に、熊吉と政五郎の仲も円満におさまった。小春と健一の新婚家庭が見られるのも間近いようだ。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。