日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

剣風次男侍
ケンプウジナンザムライ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年10月30日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
Valley of Revolt  
上映時間
68分  

旗本の次三男問題に材をとった時代劇で、「乙女の祈り」の共同執筆者・灘千造の脚本を、「真昼の惨劇」の野村企鉾が監督した。撮影は「巌流島前夜」の倉持友一。

スタッフ

企画
倉満利彦
原案
水上伸郎
脚本
灘千造
監督
野村企鋒
撮影
倉持友一
音楽
長沢勝俊
美術
水谷浩
照明
山本行男
録音
竹川昌一

ストーリー

徳川幕府もようやく確立した頃。武家階級の封建的な厳しい家族制度は、跡取りの長男は別として、貧乏旗本の次三男たちをして、聟養子に行くこと以外に、将来に道を開くことは困難な境遇に追いやった。こうして、前途に明るい望みを持てない貧乏旗本の次三男坊たちは、次第に若い純粋な心を歪められ、単純な分別によって、粗暴な行動に青春のはけ口を求めていった。富田文之進、大川主税、長谷川桂三郎、黒岩妥女、高山助七、小石栄造らもその一人であった。この冷飯組と跡取り組との対立は、将軍家指南番、柳生源斎の道場をはじめ、彼等が顔をつき合わす場所場所で起った。この対立は、勘定吟味役の娘、深雪の聟養子になるはずだった桂三郎の夢が、千石取りの旗本の長男、山中頼母の出現によって破れたことで頂点に達した。これを知った文之進らは桂三郎と深雪を強引に合わせたが、これが城中の噂となって広がり、家風を重んじるおじの激怒にふれた。桂三郎は、理解深い兄、銀二郎の制止もきかずに腹を切って若い命を自ら絶ってしまった。この桂三郎の死は、文之進らの心を一層すさんだものにした。ばくち打ちの用心棒でわずかな酒手を手にしている文之進のおじ五郎太にそそのかされ、酒、ばくち、女遊びと、次第に悪の世界にそまって行った文之進たちは鳥居信濃守と結託して公儀御用金の横領を策する両替屋・江洲屋三右衛門の巧みな言葉に乗せられて、公金輸送襲撃に加ってしまう。この冷飯組に、あたたかい目をそそいでいるのが、銀二郎の友情に己れの非を悟った主税と、文之進を慕う茶店の娘おみつだった。しかし、この二人の心痛をよそに、文之進らは深みにはまって行く一方だった。やがて、大老・本多大炊頭が事件解決に乗出した。銀二郎が密命を受け、主税もこれに従った。江洲屋の仕掛た罠で、銀二郎と主税と文之進が対決した。あわやという時、五郎太がかけつけ、信濃守の策謀が明らかとなった。数日後、甲府の銀山で明るく働く文之進らの姿が見られた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。