日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

大願成就(1959)
タイガンジョウジュ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年11月29日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
Fine Fellow  
上映時間
87分  

源氏鶏太の原作を、長谷部慶次・富田義朗・菅野昭彦が共同脚色し、「三人姉妹」のコンビ生駒千里が監督し、篠村荘二郎が撮影したサラリーマンもの。事故死した高橋貞二の最後の主演作品となった。

スタッフ

製作
深沢猛
原作
源氏鶏太
脚色
長谷部慶次富田義朗菅野昭彦
監督
生駒千里
撮影
篠村荘二郎
音楽
鏑木創
美術
佐藤公信
照明
中田達治
録音
大野久男
編集
谷みどり

ストーリー

陽新工業の総務部長三室は“センタク部長”と呼ばれる。妻はなく、幼い娘と婆やと暮す。会社でハンケチを洗濯したりするのだ。が、仇名には敬愛の意味があった。気取らぬ人柄だったから。総務部の敬子は彼と結婚する大願をたてた。洗濯も代ってしてやる。若い高森には敬子と結婚する大願がある。敬子は三室への気持を兄に話した。兄は高森との結婚をすすめた。--会社は泰東工業から資本を入れることになった。三室は裏に何かあると感じた。専務の池田は話をにごした。療養中の社長は三室をなだめ、専務に協力するようにいう。相手の社長平田は融資の条件は重役をくりこむことだと三室に答えた。三室は席をけった。--池田の陰謀をくつがえすことが、三室の大願になった。高森は敬子に結婚を申しこむが、断わられ、三室に泣きついた。励まされた。三室は友人の記者・松田から、平田の背後には財界の怪物といわれる後藤がいると聞いた。三室を慕う芸者金太郎の旦那が彼であることが判った。--池田は平田と腹を合わせ、三室を総務部次長に格下げし、後釜に出向の笠井をすえた。身を引かせるためだ。高森ら若い社員は三室を激励する会を開いたが、彼の態度はなぜか煮えきらぬ。会合にスパイがいた場合を考えてのことだが。杞憂は事実となり、高森らは地方に転勤を命ぜられた。彼らは三室の裏切りだと罵った。三室は池田に自分が身を引く代りに転勤を取り消させた。スパイを使った営業部長の杉野に、三室の制裁の鉄拳が飛んだ。高森は三室と行動を共にしたがったが、彼に止められた。三室は社外で後藤を敵陣営から引離そうと努めた。金太郎も応援した。が、後藤は平田と池田が悪党である確たる証拠がなければという。営業部の妙子が杉野部長と池田が結託して不正を働いている事実を敬子に話した。杉野に捨てられた腹イセだ。金太郎も池田と平田の不正な取引を録音した。三室は陽新工業に乗りこみ、後藤の前で、池田一味の不正をあばいた。後藤は乗っ取りから手を引き、しかも会社の借金の肩代りまで引き受けた。--大願成就。翌日、三室は誰にも知れずに、後藤の新事業のため、大阪へ発った。机に書き置きがあった。敬子と高森の結婚をすすめていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。