日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

スピード狂時代 命を賭けて
スピードキョウジダイイノチヲカケテ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年12月20日 
製作会社
東映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
81分  

「疑惑の夜」の甲斐久尊の脚本を、「月光仮面 悪魔の最後」の島津昇一が監督したもので、カミナリ族を描いたもの。「特ダネ三十時間 拾った牝豹 午前零時の顔」の星島一郎が撮影した。

スタッフ

企画
根津昇
脚本
甲斐久尊
監督
島津昇一
撮影
星島一郎
音楽
石松晃
美術
北川弘
照明
銀屋謙蔵
録音
小松忠之
編集
長沢嘉樹

ストーリー

快活な高校生・野呂幸二はオートバイにとりつかれている。自分の車はないので、修理屋のボロで憂さを晴らしていた。しかし派手なカミナリ族に追いつかれて意気悄沈した。どうしても新車がほしかった。父は週刊誌“現代の顔”の編集長、ワンマン親爺である。クイン化粧品の宣伝部長の母は、ワンマンな良人と別れて別居中である。幸二は父に体当りしてみたが、カミナリ族の特集号を企画中の父は、頭から幸二をどなりつけた。母を訪ねてみた。安全運転の制限つきで母は許してくれた。念願の最新式オートバイに乗ってドライブを愉しむ彼は、ある日、岡崎というカミナリ族のキャップに競争を挑まれた。幸二は勝った。カミナリ族の溜り場クラブ“ダン”に姿を見せた彼は、一目でこの熱狂的フンイキに酔ってしまった。幸二をチンピラと侮って、加納という男が曲乗り競争を挑んで来た。勝った幸二は、岡崎たちにすすめられて浅間の全国アマチュア大レースに出場することを決意した。修理屋の池田は幸二に、レースに出るならベテランの早川さんについてみっちり練習するよう勧めた。しかし得意の絶頂にある幸二には聞こえなかった。浅間山の姿を背に、オートレースは幕を切った。トップに岡崎、続いて早川、そして幸二が続いた。ベテラン早川のスピードは岡崎を抜いた。その時岡崎を抜こうとあせった幸二のオートバイが岡崎にからみつき、二人は転倒した。友達に再起不能の傷を負わせた幸二の心は暗かった。ルールを知らず、練習も積まず、ただスピードだけで勝負したことの無謀さを、池田はやさしく幸二に諭した。かきむしられるような悔恨に、幸二はどしゃ降りの雨の中を駈けて行った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。