日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

サザエさんとエプロンおばさん
サザエサントエプロンオバサン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年12月25日 
製作会社
宝塚映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
Young Lions before Dawn  
上映時間
82分  

おなじみのサザエさんシリーズの一作で、今回はエプロンおばさんが新たに登場する。笠原良三と蓮池義雄が脚本を書き、「噛みついた若旦那」の青柳信雄が監督した。撮影は「ああ女難」の西垣六郎。パースペクタ立体音響。

スタッフ

製作
杉原貞雄
原作
長谷川町子
脚本
笠原良三蓮池義雄
監督
青柳信雄
撮影
西垣六郎
音楽
神津善行
美術
北猛夫
照明
西川鶴三
録音
鴛海晄次

ストーリー

イソノ家ではタラオの誕生日を迎えた。大阪へ出張中のフグ田君も二十日ぶりに帰宅する。ところが、仕事の都合で帰宅が延びるという電話があった。フグ田君が世話になっている万造、ちえ夫婦が誘ってくれるので、サザエさんはタラオを両親にあずけると大阪へ旅立った。しかし、着いてみるとフグ田君は京都の出張所に泊らなければならないという。翌日、京都の喫茶店でようやく会うことができた。フグ田君の仕事は京都支店新築のため敷地買収で立退く人たちとの円満解決を図っているのだが、一軒だけ首をタテに振らない家があり困っているという。エプロンおばさんという異名をとって親の代から素人下宿を営んでいる変り者なのだ。サザエさんは持久作戦に出、その敷金家の女中として住みこむことになった。サザエさんはエプロンおばさんに気に入られた。おばさんは彼女を独身だと信じ、結婚させようと大張切り。ことの真相を知ったときはカンカンになって怒った。早速クビを言い渡されたが、サザエさんは坐りこみを始めた。そこへエプロンおばさんの息子一郎が帰省した。就職先がサザエさんの父親のいる日の丸電機と聞いておばさんはびっくり。おばさんは東京へ移住する決心をつけ、家を立退くことになってめでたし。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。