日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

旗本退屈男 謎の幽霊島
ハタモトタイクツオトコナゾノユウレイジマ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年01月09日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

正月恒例の旗本退屈男シリーズの一編で、佐々木味津三の原作を、「血太郎ひとり雲」の結束信二が脚色し、「血槍無双」の佐々木康が監督した娯楽時代劇。撮影は「江戸の悪太郎」の伊藤武夫。

スタッフ

企画
坂巻辰男
原作
佐々木味津三
脚色
結束信二
監督
佐々木康
撮影
伊藤武夫
音楽
万城目正
美術
川島泰三
照明
山根秀一
録音
佐々木稔郎
編集
宮本信太郎

ストーリー

長崎の町は、出島の暗黒街に君臨する怪人物によって支配され、長崎奉行所もこの一派の配下に置かれていた。与力・守谷瀬左衛門はこの権力に反抗、ひそかに江戸へ七人の使者を送って長崎の実情を知らせようとした。しかし六人の使者は斬られ、後の一人の行方も分らなくなった。ようやく幕府も動き始めた。早乙女主水之介は東海道を下った。お供は、主水之介の懐を狙うスリのおりんにその乾分仙太。後を追うのは、幕府大目付望月に主水之介の用人可内である。長崎入りした夜、主水之介は刺客の一団に追われる守谷瀬左衛門の一子・小四郎を救った。が、この時すでに瀬左衛門は殺されていた。主水之介は、藤乃という女中から「出島の紅竜館、伴夢斎」という謎の言葉を囁かれた。主水之介は出島におもむき、紅竜館で伴夢斎と対面した。この席で、危く毒酒を飲まされそうになったが、お酌に出た芳蘭という女の機転で難を逃れた。この芳蘭も、伴夢斎も、唐人の格好をしていたが、日本人であることを主水之介はすでに見抜いていた。主水之介は紅竜館の地下室に潜入した。麻薬にむしばまれた男女がもだえ苦しんでいた。生地獄のような光景だった。倉庫には島津・鍋島・細川家の荷札のついた麻薬の包みが積まれていた。また伴夢斎が密室の中で武将の像に合掌する姿を見た。彼は徳川に亡ぼされた宇喜多秀家の子孫で、密貿易の麻薬を九州の各藩に売りつけ、徳川の治世を混乱させようと狙っていたのである。密貿易最後の船、竜神丸が出島に到着し、麻薬買入れの九州各藩の使者が出島に集った。主水之介はこの機を逃さなかった。小四郎、おりん、仙太らの退屈男一家を総動員、伴夢斎一味を倒した。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。