日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

野狐笛 花吹雪一番纏
ノギツネブエハナフブキイチバンマトイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年01月21日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
76分  

村上元三の原作を、松村昌治と永江勇が脚色、「快傑黒頭巾(1958)」の松村昌治が監督した娯楽時代劇。「恋山彦」の吉田貞次が撮影した。

スタッフ

企画
田口直也
原作
村上元三
脚色
松村昌治永江勇
監督
松村昌治
撮影
吉田貞次
音楽
小沢秀夫
美術
角井博
照明
安田与一
録音
中山茂二
編集
宮本信太郎

ストーリー

三次は、死んだ親父宗七のよしみで町火消「に組」の初五郎に引きとられた。三次には、呉服問屋秋田屋作兵衛の娘でおきぬという幼馴染があったが、旗本尾形玄蕃との縁談が起っているという。三次は初五郎から意外なことを聞かされた。三次は、古ぼけたうちかけと、薄の中を走る野狐を銀で象嵌した横笛と一緒に、浅草で宗七夫婦に拾われたのだ。その日から、三次の背中に笛と同じ野狐の刺青がはね上った。--市中で火の手が上った。火事場では、町火消「に組」と弁慶、千坊主ら定火消の一隊が混乱、三次は邪魔だてする千坊主を鳶口で倒した。死罪も当然だが、どうしたことか、三次は奉行所で伊賀守の取調べを受けた後そのまま帰された。三次の無罪を尾形一味がだまっているわけはない。三次をおびき寄せるため、おきぬが囮に捕われた。秋田屋に火を放ち、火消しを率いて証拠をインメツし、三次を下手人に仕立てようというのだ。三次は尾形邸に忍びこんだが、おきぬと地下室に閉じこめられ水責めにあった。二人を救い出したのは、三次の幼友達の新吉と、「に組」ひいきの両国関だった。秋田屋に火がつけられた。尾形一味と「に組」がぶつかり合った。伊賀守が駈けつけ、尾形を捕えた。--三次とおきぬが、初五郎夫婦に送られて旅立った。物かげで見送る伊賀守。彼こそ三次の実の父だったのだ。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。