日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

恋人(1960)
コイビト

作品名でWeb検索する
カテゴリー
ドキュメンタリー 
公開年月日
1960年01月15日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
77分  

中村登と宮崎守の脚本を「明日への盛装」の中村登が監督したもので、桑野・山本コンビによる青春映画。「大願成就」の篠村荘三郎が撮影した。

スタッフ

製作
深沢猛
脚本
中村登宮崎守
監督
中村登
撮影
篠村荘三郎
音楽
いずみたく
美術
熊谷正雄
照明
青松明
録音
吉田庄太郎
編集
浜村義康

ストーリー

信州の山奥から、吉野・佐藤・大沢・池田の四人が大学受験のため上京した。彼らは先輩の医者小野の許に世話になることになった。試験は終った。ある日、小野の友人奥村の妹和子の誕生パーティーがあり、皆も小野に伴われて出席した。和子は彼らに好意をもち、東京案内をかって出た。吉野は和子に惹かれた。一行は夜になってチンピラと立廻りを演じ、警察の厄介になった。これが、和子の両親の心証を害した。--小野には朝子という恋人がいた。未亡人で、バーのマダムである。彼女は孤児を引取って保育園を経営していたが、財政が困難になりバーに出たのだった。試験の結果が発表になった。池田だけが不合格だった。吉野は、和子と兄の克巳を信州に招待、一行は山に登った。が、克巳が打撲傷を負い、天候も崩れ出して山小屋に避難した。翌日、救援隊に迎えられ下山したが、新聞は吉野を責めた。和子の両親も非難した。吉野は小野の下宿を出てしまった。和子は父の九州転勤が決まり、東京を離れることになった。朝子が晴海埠頭で作業員になって働いている吉野を見つけた。吉野が誰にも会いたくないと言うので、朝子は小野にも連絡しなかった。朝子の保育園が三周年記念で、祝賀会を開いた。皆が顔を揃えた。遊戯証々寺の狸ばやしが披露された。親狸になって踊っていたのは吉野だった。一同は大喜びだ。和子が九州へ旅立つ日が来た。発車のベルが鳴った時、和子は「いつまでも一緒に東京にいたい」と泣いて言ったが、汽車は二人を引きさくようにホームを出た。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。